Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

 

【無料記事】【選手コメント J2第3節 福岡-長崎】「コンパクトさを保てずに押し込まれてしまった」/篠原弘次郎/鈴木惇



2020明治安田生命J2リーグ 第3節
日時:2020年7月4日(土)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム
結果:アビスパ福岡 1-2 V・ファーレン長崎
得点:[福岡]鈴木惇(49分)、[長崎]富樫敬真(80分、90分+4)

◎篠原弘次郎選手;(福岡);
Q:先制点を取るまでは思惑通りだったと思いますが、そのあと逃げ切れなかったというところで、守備面で、どのような問題を感じていらっしゃいますか?
「得点を取った直後に少し挽いてしまったとこと、そんな気持ちはそれほど出ていなかったんですけれども、結果的に引いた時間があったかなと。そしてそのまま押し返せずに、コンパクトさを保てずに、ほとんど押し込まれてしまいましたよね」

Q:ただ跳ね返すだけの守備になってしまった印象がありますが、あの辺りは精一杯の感じでしたか?
「もちろん体力的にきついというのはありましたけれども、もっと全体で、全体を押し上げるのか、後ろにそろえるのか、そこでちぐはぐな部分が出て、中盤にスペースを大きく空けてしまいました。ですから、そこでCBやボランチが、もっとリーダーシップをもって、まずは中を閉じてそこから出ていく、そこを伝えきれなかったところが悔やまれますし、こういう気候ですし、連戦が続くので、そういう戦い方がより必要になってくると思いますね」

Q:勝ち切れない試合が2つ続きましたが、1週間空くので、どう立て直すかというところだと思います。そのあたりはいかがでしょうか?
「1点取って追加点、2点目、3点目を取るべきですし、試合を終わらせる展開に持っていかないといけないので、そこは一つ修正点でありますし、あとは点を取ってからの試合の進め方、終わらせ方、どうコントロールしていくのか、その2つが今日の敗因だったと思います」

◎鈴木惇選手(福岡);
Q:先制点を取るまでは思惑通りだったと思いますが、その後、違った形になってしまいました。得点を取るまでの狙いと良かったところ、そのあと逆転されてしまった問題点と、それぞれ教えていただけますか?
「長崎が前節やってきたフォーメーションとは違ったんですけれども、中でしっかりと話をして、自分たちの前節の反省を活かして立ち上がりからアグレッシブにプレッシャーをかけるというところは、先制点を取るところまではしっかりとできていたと思います。ピンチも作られていなくて、逆に自分たちが奪ってからのいい形でカウンターができていましたし、それで先制点を取るところまでは良かったんですけれども、取ったあと、もう一回畳みかけるのか、リードしているから落ち着いてゲームを進めるのかというところで意思統一ができなかったことが、逆転負けにつながってしまったかなと思います」

Q:イバルボ選手が入ってからガラッと変わってしまった印象があります。途中から出てくるのは予想されていたと思いますが、チームとしては、どのように抑えるという形だったのでしょうか?
「彼は能力がすごく高いので、入ってきた時にしっかりと対応するというのはもちろん大事なんですけれども、そこで勝負させる前のボールの出所にしっかりアプローチに行くというところも、もっともっと徹底しなければいけなかったと思います。そこが緩くなってしまって簡単にイバルボ選手にボールが入りすぎたという印象を持っているので、そこはチームで映像を見るなり、話をするなりしたいです。J2で力のあるチームは前線に強力なFWを置いてくるチームが多いですし、次の京都にもウタカとかいい選手がいますし、同じようにやっていてはまた勝点を取りこぼすと思うので、しっかり修正しなければいけません」

Q:今季初スタメンでした。監督からはどのようなことを言われて送り出されたのでしょうか?プレーの満足度はいかがだったのでしょうか?
「特に多くのことは言われていないですけれども、チームがプレスに行く時と、行かないときの判断をやってくれと言われて、点を取るところまではすごくみんなもハードワークできていたんですけれども、そのあと、1点取って落ち着いてしまったのか、相手のイバルボ選手が入って来たので重心が下がってしまったのか、原因はどちらか分かりませんけれど、そこでもう一度意思統一するというタスクを果たせなかったので、そこはこれから自分がポジションを奪っていくにあたって、すごく課題になってしまったかなと思っています」

Q:悔しい結果に終わりましたが、鈴木選手は今日で350試合出場です。今日の悔しさも含めて、350試合出場という結果を、どの様に捉えていますか?
「こんなにたくさんの試合に出られるとはプロデビューした時には思っていなかったですし、350試合分、たくさんの人が支えてくれたんだなという想いがあります。常に成長したいと思い続けて350試合やってきたつもりですし、今日350試合出場を達成して、今日よりも351試合目が成長しているようにやっていきたいと思っています。これからも周りの力を借りながら、自分も努力を続けながら、チームの勝ちを目指しながら、試合数を重ねていきたいと思っています」

Q:先制点のフリーキックも素晴らしいゴールでした。鈴木選手の350試合目という想いがこもっていたようにも思います。
「(遠野)大弥がいいところでFKを取ってくれたので『決めなくちゃ』というのもありましたし、たくさんの人に支えられてとさっき話しましたが、今日は自分の母親の誕生日だったので、何としてもいいところを見せたいと思っていました。勝ちにつながれば一番良かったですけれども、自分の親に対して感謝の気持ちを表せたかなと思っています」

Q:得点を決めた後、バックスタンドのボードの方へみんなで行きましたが、あれは意識的に行ったのでしょうか?
「特に意識はしていなかったのですが、あっちの方へ走って行ったらボードの企画をやっていたなと気づいてというところです。スタジアムに来れないのに、さらにお金を出して自分たちに力を与えて下さっている人たちに何かを示したかったので、それが最終的に勝ちにつながれば良かったのですが、ゴールシーンでは一瞬でも喜んでくださったのではないかと思っています」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR