Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
3
4
7
8
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

 

アビスパ福岡 四宮祐司取締役(非常勤)記者会見

140201_shinomiya.jpg
中倉一志=取材・写真・構成
内容:新任代表取締役社長候補者発表記者会見
日時:2013年12月24日(火)16:00~
場所:福岡市役所15階講堂

「アビスパ福岡の新代表取締役社長として、野見山篤氏を候補に決定いたしました。この件に関しましては、来年1月14日の株主総会で決議されることになります。今日は皆様にご紹介ということになりますので、よろしくお願いします」

Q:どういった経緯で野見山氏を新代表取締役候補として決定されたのでしょうか?
「12月24日のアビスパの最終戦の際に、大塚社長が11月末で退任されるということを話されましたので、急きょ、取締役で協議いたしまして、次の社長を探そうということで、それぞれの取締役が候補者を選び、その中から協議を進めてまいりました。12月の上旬に、経営も大事ですけれども、その根幹となるチーム作りがしっかりできること、そして、なおかつ、経営にもしっかりとして数字を語れるし、チーム運営をご経験された方ということで、野見山さんを候補者に決めました。企業(から派遣されている非常勤役員)様は、地場の経済界の方で候補者がいらっしゃらないかと、いろいろと考えられていらっしゃったようですが、市役所はそういう伝手があまりありませんので、全国レベルで、Jのチームを運営した経験のある方を中心にということで探してきました。その中で野見山さんは飯塚のご出身ですし、この方を取締役にということで話をしまして、12月の上旬にお話をしたという経緯です」

Q:市が主導して行っているのではないかという考えもあるのですが、その辺についてはいかがでしょうか?
「それぞれの取締役が責任をもっと候補者を考える中で、市が紹介した方が最終的に候補として決定したということです。とにかく地域に根差したチーム作りが一番というのが福岡市としての考えで、すぐにはJ1に昇格できないかもしれませんが、本当に市民1人、1人から支えられたチームをつくるということが一番大事だと、それができるのが誰かということを市としては一番に考えて、市としては野見山さんを推薦したということです」

Q:冒頭に経営よりもチーム作りとおっしゃいました。もちろん、チーム作りが成功して収入が増加することは、経営改善には欠かせないことだと思います。けれども、それとは違うレベルで経営というものはあるものだと思いますが、そういう観点では、経営サポートという点で、どのようなことをお考えでしょうか?
「経営も、チーム作りも両方大事なんですけれども、一番大事なのは、やはり本当に市民に支えられるチームをどうやって作っていくのかということ。それがあって、初めて運営会社も成り立つのだろうと考えました。経営だ、経営だ、黒字を出す、ということだけであれば、サッカーを全然知らない人がなってもいいんでしょうけれども、それでチームが細ってしまって、全然魅力のない会社になってしまっては意味がないので、まずはチームを作ろうということを、再スタートに当たっては考えました。もちろん、経営のこともきちんと考えていらっしゃって、数字にも明るく、そういうこともできる方ということですので、野見山さんには両方の面で活躍してほしいということです。なお、サポートの面については、市から派遣します取締役が、しっかり市の政財界や、行政、いろんな業界、団体とのパイプ役になって、しっかりと支えていきたいと思っています」

※なお、野見山新社長のサポート役として、福岡市役所から樽見哲氏が取締役として就任することが同日発表された。野見山篤新社長、樽見哲新取締役の経歴は以下の通り。

■野見山 篤(のみやま あつし)
 生年月日  1956年2月2日(57歳)
 出身地   福岡県飯塚市
 学 歴   1975年3月 福岡県立嘉穂高等学校 卒業
       1979年3月 早稲田大学 教育学部 卒業
 職 歴   1979年4月 住友金属工業株式会社 入社
       1992年4月 株式会社鹿島アントラーズFC 入社
               サテライトチーム監督
       1993年2月 同 チーム管理課長
       1997年8月 同 広報室長
       2002年10月 財団法人日本サッカー協会
               技術委員会副委員長 兼 技術部部長
       2004年1月 同 技術委員会副委員長 兼 代表チーム部部長
       2006年8月 株式会社鹿島アントラーズFC
               育成部強化担当部長
       2011年4月 川惣電機工業株式会社 鹿島営業所長
【サッカー指導歴】
 1986~1988年 住友金属工業株式会社 サッカー団監督
 1994~1996年 財団法人日本サッカー協会 強化委員
 2002~2006年 財団法人日本サッカー協会
        技術委員会副委員長日本代表チームスーパーバイザー

■樽見 哲(たるみ さとし)
 生年月日  1963年6月1日(50歳)
 出身地   福岡県柳川市
 学 歴   1982年3月 福岡県立伝習館高等学校 卒業
 職 歴   1982年4月 福岡市役所 入庁
               福岡市交通事業振興会管理課
       2002年4月 福岡市健康づくり財団総務課主査
               (管理運営企画担当)
       2012年6月 市民局スポーツ推進部事業係長
       2012年10月 経済観光文化局文化振興部課長
               (文化施設活性化担当)

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR