Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【選手コメント Jユースカップ 準決勝 福岡-G大阪】「アビスパに来て良かった」/田村奎人/桜木亮太/鷹巣直希


[武丸善章=取材・写真/中倉一志=構成]
2019Jユースカップ 第27回Jリーグユース選手権大会 準決勝
対戦:アビスパ福岡U-18vsガンバ大阪ユース
日時:2019年11月10日 11:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/1,124人
結果:アビスパ福岡U-18 1-3 ガンバ大阪ユース
得点:[G大阪]長尾優斗(39分)、[福岡]田村奎人(46分)、[G大阪]福井和樹(51分)、髙橋直也(90分)

◎田村奎人選手;
Q:試合を振り返って
「セットプレーで失点したんですけど、前半を0-1で抑えられたというのは大きな進歩かなと思います。けれど、後半の立ち上がりに1点返すことができたあと、5分という短い時間しか1-1という状況になっていなかったので、もっと1-1の時間、点を取った後の時間を長くする。失点しないというのがチームの課題かなと思いました」

Q:ゴールシーンですが、シュートを打とうと決めたのはどのタイミングだったのでしょうか?
「ボールが流れてきたときにシュートを打とうと思って、キックフェイントしたんですけど、相手が来てると思って打つのは無理だなと思っていたのですが、相手が飛び込んで来ていたので。自分は右サイドしていたんですよ、今年の最初ぐらいまで。その時に、自分の得意な形として、中に切り込んでシュートというのがあったので、1人目をかわしたときにシュートに持っていこうと思いました」

Q:ゴールを取った瞬間はどんな感情が浮かんできましたか?
「本当に嬉しくて、観客を沸かせられて本当に良かったな、アビスパに来て良かったなと思いました」

Q:ロングスローも含めてセットプレーからもチャンスありましたね。
「惜しかったですね。ああいう場面で決められたら、もっと勝ちが近づくんじゃないと思います。そこをまた課題にしてチームで頑張っていきたいですね」

Q:レベスタでプレーしたのは初めてですか?
「はい。いつもプロがやっているスタジアムでプレーできて本当に光栄だと思っています。自分もまたプロになって、このスタジアムに戻って来れるようになれたらと思います」

Q:今日でカップ戦は終わってしまいましたけど、今週の水曜日に名古屋グランパス戦もありますし、サポーターが望んでいるのはプレミアリーグ残留というところだと思います。残り試合に向けてはいかがですか?
「この(Jユースカップの)ベスト4の勢いのまま、次の名古屋グランパス戦を含めて、残り4試合を勝ち続けて、絶対に残留というのを成し遂げたいと思っています」

◎桜木亮太選手;
Q:決勝には行けませんでしたが、クラブ史上初のベスト4です。大会を通じてチームで成長できた部分はどういったところですか?
「みんなの一体感。ゴールを決めたらみんなで喜ぶとか、そこは今までの自分たちにはなかったところですし、失点した後も、自分たちで改善することでゴールを取られないようにするとかもできたので、そこはプレミアリーグにつながるところだと思いました」

Q:レベスタでプレーしたのは初めてだと思いますが、自分の後ろにはよりたくさんのサポーターがいました。雰囲気はいかがでしたか?
「自分の中では、そんなに緊張していなくて、その応援が逆に力になったというか、それに乗せてもらったようなプレーがたくさんできたので、本当にありがたかったです」

Q:立ち上がりからピンチは多かったですが、周りの守備陣が身体を張って粘り強くサポートしていたように見えました。どんな想いで守っていらっしゃいましたか?
「最初の立ち上がりで失点するということは自分たちの勢いも削ぐし、メンタル面も下がってしまうので、自分はとにかく立ち上がりというか、前半を絶対に0で守りきる気持ちでずっとやっていました」

Q:試合の入りからホームのパワーもあって、すごくアグレッシブにゲームに入れたと思います。その辺りは意識されていた部分ですか?
「はい。ここは自分たちのホームということで、絶対ここの雰囲気で、ガンバ大阪を喰うつもりで行きました」

Q:先制点を失ってもひるまずというか、そこからもう1度前に行くパワーも出せていました。その辺りはチームの中でどういった話をされたのですか?
「改善というところでみんなで集まって、『ここは切り替えて次の1点を狙うしかないぞ』とみんなで鼓舞し合って取れた1点だと思います」

Q:強い相手でしたが、この試合で少しやれたというか、自信を持てた部分もあったのではないでしょうか?
「普段通りに、全然緊張せずに伸び伸びできたので、そこは良かったと思います」

◎鷹巣直希選手;
Q:スコアほどの差はなかったような試合に感じました。
「先週の鹿島戦が終わってから1週間準備した中で、ガンバ大阪は自分たちよりもテクニックもあるし、上手いというのは分かっていたので、自分たちの得意というか、良いところであるチームとしての一体感や走力で、絶対に最後まで走り勝とうということを意識してきたんですけれど、今日の試合は1-3で負けて、やっぱりまだ自分たちのチームには多くの課題があると思いました」

Q:立ち上がりからアグレッシブに試合に入れていたように思います。
「最初のプレーが試合を結構左右すると思うので、最初のプレーははっきり、大きく、強気でいくというのはチームの中で話をしていました」

Q:レベスタでプレーするのは初めてですか?
「いや、自分は中学の時とかもやっているので、今回で3回目ぐらいですかね」

Q:またその時とは違った感情もあったのではないでしょうか?
「中学校のときとかは、見に来てくれている人たちは少なかったんですけど、今日はベスト4に入ったというのもあるし、たくさん福岡の方が来てくれたので、その応援は本当に力になりました」

Q:失点しても戦う姿勢を失わずにプレーできていたように思います。
「失点した後に、自分たちで集まってからもう1回確認して、もう1回チームの士気を上げる、気持ちを上げるということをしていました。今シーズンは、失点した後に大量失点することが多かったので、そこでもう1回集まって話をすることによって、そういうのが改善されていったと思うんですけど、今日は得点を取った後の5分後の失点だったので、そこは課題が残ると思います」

Q:同点直後にゴールを失ったというのは、どの辺りに問題があったと思われていますか?
「チームとしての気の緩みがあったと思いますし、自分のマークの選手にゴールを取られたので、自分自身も心のどこかでちょっと隙を作ってしまったと思います」

Q:それでも、今日も惜しい試合もしましたし、この大会2回戦や準々決勝など苦しい試合もありましたが、その中でベスト4です。かなり得たものの多い大会ではないでしょうか?
「このJユースカップでチームの一体感がより深まったと思いますし、それは残り4試合のプレミアリーグにつながると思います。このJユースカップで経験したことを、もう一度プレミアリーグ4試合でしっかり出せたら残留もできると思うので、しっかり頑張っていきたいと思います」

Q:改めてプレミアリーグに向けての抱負と、大事にしていきたい部分を教えていただけますか?
「次の名古屋戦は今度の水曜日にあるので、今日負けたからと言って、へこまずに次に向けて切り替えていかないといけません。名古屋とかに勝っていかないといけないと思いますし、残り4試合も絶対に1つも落とせないと思うので、しっかり勝っていきたいと思います」

Q:最後に、今日レベスタにたくさん駆け付けてくれたサポーターのみなさんに向けて、メッセージをいただけますか?
「コーチたちからは、1,000人以上のサポーターの方が来てくれたと聞いています。その応援は本当に力になりました。残り4試合、自分たちは絶対にプレミアリーグに残留するので、その試合もできれば多くのサポーターに見に来ていただければと思っています」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR