Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 天皇杯3回戦 清水-福岡】「やられた感じではなかったので悔しい」/木戸皓貴/三國ケネディエブス


[武丸善章=取材/中倉一志=構成・写真]
天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会 3回戦
日時:2019年8月14日(水)19:00キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/2,265人
結果:清水エスパルス 0-1 アビスパ福岡
得点:[清水]楠神順平(25分)

◎木戸皓貴選手;
Q:今日はJ1相手の試合になりました。どういった意識でゲームに入られましたか?
「自由にやらせたら、たぶん質の高いプレーとか出てくると思っていたので、J2のリーグ戦とやり方を変えずに、守備でしっかりやらせないことと、攻撃に入ったら出ていくということを徹底してやろうと思っていました。結局、失点のところだけだったと思うし、それ以外ではボールを持てていた部分もありましたけれど、最後の部分の質だったり、ワンチャンスを決めてくるというクオリティの高さだったり、そこの差だったと思います。そこまでやられたという感じではありませんでしたけれど、だからこそ悔しいですね」

Q:相手も前から来るという感じではなく、締めるところは締めるという守り方をしてきたと思いますが、攻める側としてはどういったことを考えていらっしゃいましたか?
「相手は前からプレスにいくというよりも、縦パスが入ってきたところを潰すという意識だったと思いますけれども、そこで1人剥がせればチャンスにはなると思っていたので、前の3人の関わり方であったり、前半は僕が中に絞って、ミコルタが背後に出る動きをしたり、そういうところを使えた部分もありました。こっちも相手を見ながらやれていたんですけれど、相手も、飛び込まずにゴール前で最後のところだけやらせないという守備だったので、逆に難しさもあったんですけどね。イージーミスを無くさないとチャンスというか、ゴール前まで行けないと思いました」

Q:森本選手とポジションチェンジをする場面が頻繁に見受けられました。あれは状況を打破するための1つの狙いだったのでしょうか?
「モリくん(森本)が結構孤立というか、後ろ向きの選手に対しては相手もガッとプレスに来ていたので、上手く逃がしながらというか、特長の違う選手と入れ替わりながら、僕は背後を狙いつつ、間でボールを受けて、上手くFWの選手にボールを供給することを意識していました。けれども、なかなか僕らのところにもボールが入ってこなかったので、そこはお互いの課題だと思います」

Q:今日は右のワイドがミコルタ選手でしたが、守備の部分でマークの受け渡しも含めて役割分担についてはどういったことを事前に話をされていましたか?
「僕の後ろがミコルタで、その後ろがウォン(ドゥジェ)という中で、なかなか意思疎通が難しい状態ではありました。でも決まり事として、僕が前にプレスに行ったらサイドバックへのプレスに出てくれとミコルタに伝えていたので、あとはそのタイミングであったり、相手の位置を見ながら、僕も考えながらプレスに行ければ、相手ももっと嫌がったと思いますね。そこのタイミングの部分でちょっとしたズレがありました。でもそこはしょうがないと思うし、最後のところをやられなければいいと思います。そもそも上手くいかないことのほうが多いし、そういった中でも、守備の部分ではやろうとすることが少しでもできたので、それは良かったと思います」

Q:課題に出たことを見つめ直しつつ、中2日で控える大事なリーグ戦に臨みたいですね。
「リーグ戦が本当に鍵を握ってくるので、そこにまた標準を合わせて、みんなでリーグ戦として連勝できればと思います」

◎三國ケネディエブス選手;
Q:試合を振り返って
「いつも以上に気合いを入れて臨んだんですけど、自分のところから崩されての失点だったので、最後は悔しい結果になってしまいました。けれどもやれた部分は多かったので、ポジティブに捉えたいと思います」

Q:同い年の滝選手にやられたのは悔しいのではないですか?
「そうですね。ドイさん(土斐﨑フィジカルコーチ)にも『お前、滝知ってるか』と言われて、『知ってます』と言って、『負けんなよ』と言われていたので、それなのに突破されたので悔しかったです」

Q:できたと思うのはどういった部分ですか?
「ビルドアップのところとか、守備のところは結構連動して、声を出しながら動かすところですね。それをJリーグで継続してできればと思います」

Q:動かせたというのは、三國選手発信でですか?
「そうですね。ボランチとか輪湖くん、ウィングを動かせたというのはあります」

Q:J1のチームと公式戦でやってみて、どういったところに差を感じましたか?
「身体の使い方とか、個々の能力、技術だったり、ドリブルしてくる選手が結構多いので、そういうところに違いがあると感じました」

Q:今日出た課題を、どうやって次に活かしていきたいと考えていらっしゃいますか?
「フィジカル的にも瞬時のステップとか、ディフェンダーというのは相手に合わせる動きになると思うので、そこで一瞬で抜かれないように、反応スピードを上げていけたらいいと思います」

Q:しばらくゲームに出れない時期が続いたと思いますが、その間はどういったことを考えていらっしゃいましたか?
「まずは自分が成長する為に試合に出るというよりは、まず成長しようという取り組みで練習に参加していました。そして、チャンスが来た時は良いパフォーマンスができるような取り組んでいましたから、それが今日の試合に少しは出たと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR