Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
8
9
13
14
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

 

【無料記事】【記者会見 J2第24節 福岡-水戸】「最後はどちらが勝ってもおかしくない流れになっていた」/長谷部茂利監督


[中倉一志=取材・構成・写真]
2019明治安田生命J2リーグ 第23節
日時:2019年7月20日(土)19:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/6,045人
結果:アビスパ福岡 1-1 水戸ホーリーホック
得点:[福岡]ヤン ドンヒョン(39分)、[水戸]小川 航基(53分)

◎長谷部茂利監督(水戸);
Q:試合を振り返って
「珍しく前半の立ち上がりから相手に主導権を取られて、入りが悪かった、そんな印象があるゲームでした。前半は相手のゲーム、後半は我々のゲーム、そんなふうに感じましたが、トータルで考えると勝点2を落としたような気持ちではあります。内容に関しては五分五分の内容で、最後は福岡さんが攻めて、シュート、もしくはペナルティエリア、ゴールエリアに何度もチャンスを作り、我々にとってはピンチの場面かありましたが、そこで入れられていれば当然負けていましたし、どちらが勝ってもおかしくない、最後はそういう流れになっていたのではないかなと思います。勝点1については『良しとしよう』『次につなげよう』と選手たちには話しました。本音は勝点3が欲しかったです」

Q:入りが悪かった原因として、どのようなことがあったのでしょうか?
「福岡さんが非常に良かった、そのように感じます。ボールの運ぶ位置だったり、人のランニングスピードだったり、そういうところが非常に統一されて、非常にいい入りを福岡さんがされました。我々の問題で言うと、ボールを運ぶ位置がちょっと狭かった、小さかった、なので前向きに相手にボールを奪われることが多かったのかなと感じていました」

Q:ボールを持つ位置も低かったように思いますけれど、中央のミスが結構多かった印象ですが、その原因は、どのように捉えていらっしゃいますか?
「パスが少しずれていた、コントロールが悪かった、その辺があると思います。当然相手は狙っているわけですが、相手に狙われた、はめられたことで失ったというよりも、自分たちでミスをしてしまいました。そこはもっともっと質を高めていかないといけないし、これぐらいの暑さ、多少グラウンドはイレギュラーしたりというのはあったと思いますが、その中でも普通に顔を上げてボールをつなげないといけないなと感じています」

Q:今週のトレーニングのコメントで山口戦のことを話されていましたが、今日の試合は山口との試合のようだったなという印象があります。結果は山口戦が敗戦、今日は勝点1ということでしたが、そこは、どのように捉えていらっしゃいますか?
「選手にも伝えたように、勝点1を積めたというのは、ひとつ成長ではあると思います。現状で言えば、勝点3を取らないと上位にはくらいついていけないので、そこについては残念な気持ちでいっぱいです」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR