Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

8
11
18
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

 

【INSIDE FUKUOKA】東京Vに勝ってこそ、金沢戦の勝点1に価値が生まれる。勝点3以外の結果はいらない



INSIDE FUKUOKAは「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」をキャッチフレーズに、YouTube Liveでお送りするアビスパ福岡の情報番組です。今週の放送は、5月8日(水)20:00より、アビスパサポーターの部室、スポーツバー「ハッチ」から公開生放送でお送りします。

【放送日時】5月8日(水)20:00~
【放送形式】YouTubeLive
【配信内容】1.オープニング
      2.何があってもやり続けるだけ
      3.エンディング

      MC/中倉一志(オフィスイレブン)
      アシスタント/SAKI
      ※スポーツバー・ハッチ/福岡市中央区今泉1-23-4 2階 092-724-0690

【視聴方法】以下の「YOUTUBE CHANNEL」にアクセスしてください。
https://www.youtube.com/c/INSIDEFUKUOKA

勝ちに行った金沢戦でのドローは悔しさも残りますが、輪湖直樹、石原広教の両SBを累積警告で欠き、さらには實藤友紀の怪我による交代、三國ケネディエブスの退場処分等々、様々なアクシデントが重なる中で手にした勝点1は、非常に価値あるものだったと思います。劣勢な立たされながらも最後まで集中を切らさずに全員の力を合わせて戦ったからこそのドローだったと思います。

そして、5月23日から始まる「FIFA U-20 ワールドカップポーランド2019」に参加するU-20日本代表に、三國ケネディエブスと喜田陽の2人が選出されました。勝ち上がって行けば最長で1カ月間にわたってチームを離れることになりますが、クラブカラ代表選手が出ることは名誉なこと。世界の舞台で思いっきり暴れてきてほしいと思っています。

さて、金沢戦の勝点1も、三國と喜田のU-20代表選出も、次節・東京V戦に勝ってこそ、その価値あり、喜びが大きくなるというもの。簡単な試合ではないと思いますが、何としても使用利して福岡に帰って来る必要があります。今日の配信では、いつものように皆さんとアビスパを語りながら、いつものように、次節東京V戦に向けての鋭気を養いたいと思います。
配信は、いつものように「スポーツバー ハッチ」からの公開生放送。お時間の許す方は、ぜひ、スポーツバー・ハッチへ足をお運びください。1人でも多くの方のご来場をお待ちしています。

※ゲスト、ならびに配信日の変更は、番組視聴ページ、Twitter、FACEBOOK等で告知します。
Twitter acount @nakakurahitoshi
FACEBOOK https://www.facebook.com/h.nakakura
※番組へのご要望、お問い合わせ、ゲストの方へのご質問等は、以下へメールでお寄せください。
inside-fukuoka@office-eleven.co.jp
企画・運営/株式会社オフィスイレブン


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR