Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

8
11
18
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

 

【無料記事】【記者会見 J2第2節 福岡-長崎】「チャンスを作ることができたがゴールが遠かった」/ファビオ ペッキア監督



2019明治安田生命J2リーグ 第2節
日時:2019年3月2日(土)15:12キックオフ
会場::博多の森陸上競技場/12,028人
結果:アビスパ福岡 0-0 V.ファーレン長崎

◎ファビオ ペッキア監督;
Q:試合を振り返って
「前半はいい入り方をして、相手を自陣内に押し込んでいいサッカーをしていました。長崎のチャンスは1回程度だったように思います。後半は全体が間延びしてしまってリズムが悪くなってしまいましたが、その中でも、私たちは多くのチャンスを作ることもできました。ただゴールが遠かったです。いいパフォーマンスができたことは嬉しく思いますが、勝てなかったことは残念です。それでも、苦しい時間帯もありながら、90分間を集中して戦えたので、選手たちのパフォーマンスには満足しています」

Q:今日は石原選手をベンチスタートさせて、實藤選手を右SBで起用しました。その狙いを教えてください。
「私は物事を一方向から見るのではなく、あらゆる方向から見て考えています。今週の練習の中でサネ(實藤)とヒロ(石原)のパフォーマンスを見てサネを使おうと思いました。理由はそれだけです」

Q:攻撃の形は非常に良かったと思いますが、監督はどのように見ていらっしゃいますか?
「非常にいい攻め方をしていましたね。でも、エリアに近いところで、もっとスピードに乗ってパスを回してほしかったです。最後のところで時間がかかってしまい、チャンスを広げることができなかったと感じています」

Q:開幕の琉球戦と比較すると、前から仕掛けるという意識が良く出ていた印象があります。監督はどのように見ていますか?
「琉球と長崎はまったく別のチームですから一言では言えません。長崎はどちらかと言えば守りの堅いチームで下がっていましたから割と簡単にボールが回せていたのですが、琉球はそういうサッカーではありませんでした」

Q:前節の試合の課題としてリスク管理を挙げていらっしゃいましたが、その点について、今日の試合で収穫があれば教えてください。
「前半は相手を自陣内に押し込んで1回しかチャンスを与えなかったということを考えれば、上手くやれていたということだと思います。それを90分間やり続けなければいけないということですね」
[中倉一志=取材・構成・写真]

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR