Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
8
11
13
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【監督会見 J2第38節 山形-福岡】「この勝ち点1は残り4試合に必ずつなげなければいけない」/井原正巳監督


[中倉一志=取材・構成・写真]
2018明治安田生命J2リーグ 第38節
日時:2018年10月21日(日)13:03キックオフ
会場::NDソフトスタジアム山形/5,851人
結果:モンテディオ山形 2-2 アビスパ福岡
得点:[山形]ブルーノ ロペス(9分)、[福岡]石津(15分)、[山形]栗山(45+2分)、[福岡]レオミネイロ(90+7分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「まずは、今日もアウェイの、遠い山形まで、たくさんのサポーターが駆け付けてくれました。結果的には勝点1しか取れずに残念ですが、最後に1点を取れたのは、最後まで声援を送ってくれたサポーターのおかげだと思っています。
ゲームの入りは悪くなかったと思いますが、そういう中で最初のピンチと言いますか、少し緩くなったところでイージーな失点だったかなと思いますし、2失点とも、そういう形で取られてしまったことが、ゲームを難しくしてしまった要因だと思っています。
後半、なんとか取り返そうというところで、選手たちも最後まで走ってくれたと思いますし、何度かチャンスも作りましたけれども、山形さんの堅い守備をなかなかこじ開けることができず、我々の方もなんとかこじ開けようと試みましたが、少しずつ疲れも出てきて停滞してしまったかなという反省点もあります。ただ、最後にああいう形で途中から入った選手がゴールを決めてくれて、勝点1で終わるのか、0で終わるのかというところで、やはり、この1というのは非常に大きな1だと捉えたいと思います。残り4試合に必ずつなげなければいけないと思いますし、優勝、昇格という目標に向かって、この1を最後まで生かしていければと思っています。もちろん、他のゲームの結果次第にはなりますが、チャンスがある限り、上を目指してやっていきたいと思っています」

Q:後半は、もちろん2点取りに行くというところだったと思いますが、攻めるというところで、相手の守備が目立ったというよりも、どうやって攻めるのかというところが曖昧のように感じました。どのような狙いを持っていたのでしょうか?
「向こうの守備のやり方というところで、システム的には5-2-3という形で来られましたけれども、どうしても前の3枚のプレッシングを上手くはがすことができなかったかなと。また、我々のSBからの、そこを起点として攻撃というのを意識してトレーニングしてきましたけれども、どうしても前線の動き、動き出し、ランニング等や、芝生が前半は水を撒いていただいたおかげでボールが滑ったんですけれども、後半はどうしても詰まった中で、ボール回し、運びというものが上手くいかなかったかなと。それで山形さんのプレッシャーに少し慌ててしまって、ボールを上手く運べなかったかなと思っています。特に、サイドから崩し、5人のディフェンスラインを崩すには真ん中だけではなくてサイドの崩しのところは課題には挙げていましたけれども、そこが後半、そんなに機能はしなかったかなと思っています」

Q:今日は岩下選手、實藤選手がベンチ外でしたが、コンディションの問題だったのでしょうか?
「コンディションの問題で今日は帯同していません。次のゲームに出られるかどうかというのは、福岡に戻ってから判断するということになると思いますが、その中で、今日は堤を先発で起用するという形にはなりました」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR