Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
4
5
8
9
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【監督会見 J2第36節 福岡-岡山】「全員でギアを上げて、ラスト6試合、前進していきたい」/長澤徹監督


[中倉一志=取材・構成・写真]
2018明治安田生命J2リーグ 第36節
日時:2018年10月6日(土)17:03キックオフ
会場::レベルファイブスタジアム/7,444人
結果:アビスパ福岡 1-1 ファジアーノ岡山
得点:[福岡]城後(20分)、[岡山]ジョン チュングン(45分+4)

長澤徹監督(岡山);
Q:試合を振り返って
「悪天候の中、岡山からサポーターに駆けつけていただき、ともに戦ってくれたことをすごく感謝しています。残り試合は少なくなってきているんですけれども、とにかく前進を続けて戦っていきたいと思っています。
ゲームの方は、総評すると悪い流れは立ち切れたかなと思っています。我々の場合、時間帯とか種類は違うんですけれども、失点が続いていたので一つはあるかなと、結構、腹はくくっていたんですけれども、さすがアビスパさんというか、その辺を見逃さないところはあったんですけれども、そのあと非常にアビスパさんの得意な形と言いますか、ドゥドゥがパワーを貯めておいて、その裏返しを狙うという態勢に入ったら鉄板の強さを持っているんですけれども、そこを本当に集中して、リスクマーキングを取りながら攻めていったことで、1点を追いついたという形でした。この勝負は取り切ることが目標で、刺し切るチャンスはいくつかあったんですけれども、そこはまだまだ勝利への執念なのか、技術的な問題なのかというところで、その部分は、タラレバで言ってもしょうがないので、トレーニングを続けていきたいと思います。毎試合、アクシデントでメンバーが変わったりもするんですけれど、誰が出ても隙がない状態というのは作れてきましたし、1年を通して、そういうチームを作りたいとずっと思っていたので、ここから最後の部分、しっかり全員でギアを上げて、ラスト6試合、前進していきたいと思います」

Q:前向きなボール奪取から、何回も効果的な攻撃を繰り出していたと思います。その辺りの評価をお願いします。
「相手には強烈な外国籍選手がいるので、そのサイドのボールへの行き方は変化を付けていました。4-4-2とやるので、SBに誰が当たるかという部分なんですけれども、ドゥドゥ選手がいる方は少しスライドを控えめにして、後ろを厚めという対応で、逆サイドはプレッシャーをかけていくという対応で、そこの部分で前向きに奪っていい攻撃というのはできていたと思います。ただ、攻撃の部分で、チュングンが2回ほど入っていって2本目で決めたんですけれども、攻め切れないというか、シュートで終われない時間帯があって、ちょっとアビスパさんのペースに入っていたんですけれども、(同点ゴールで)その辺が吹っ切れて、後半も仕上げまで行っていた部分もあるので、前向きの守備というのは、ある程度、機能していたと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR