Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
8
9
10
11
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【監督会見 J2第35節 福岡-大宮】「勝点3を失ってしまったが次に切り替えてやるしかない」/石井正忠監督


[中倉一志=取材・構成・写真]
2018明治安田生命J2リーグ 第35節
日時:2018年9月29日(土)18:04キックオフ
会場::レベルファイブスタジアム/7,388人
結果:アビスパ福岡 3-1 大宮アルディージャ
得点:[福岡]城後(1分)、[大宮]大前(48分)、[福岡]城後(71分)、山瀬(84分)

◎石井正忠監督(大宮);
Q:試合を振り返って
「まずは、この天候の悪い中、ここまで来てくれたサポーターのみなさんに感謝したいと思います。結果、こういう形になってしまいましたので、申し訳ない気持ちもあります。
試合は、ああいう早い段階での失点は、事故として、できれば前半のうちに追いつく形を作りたかったんですけれども、そこがなかなかできなくて、福岡さんの高いプレッシャーに、少し自分たちでボールを失ってしまうシーンが多くて得点に結びつけることができませんでした。後半は修正して、もっとボールを自分たちでつなごう、テンポよくボールを動かそう、そういうところが後半立ち上がりからできて、ああいう形で得点ができたので、その状態を続けながら追加点が欲しかったんですけれども、やはり堅い福岡さんの守備を崩せなかった、プレッシャーに少し負けた部分はあったのではないかと思います。でも、選手たちは90分間最後まで戦ってくれたので、そこは評価しながら、大事な福岡さんとの試合で負けてしまい、勝点3を失ってしまいましたけれども、また次に切り替えてやるしかないなと思います」

Q:試合を通してサイドに起点を作られて、そこからピンチになるシーンが多かったと思いますが、その要因と、どのように対応しようとしていたのか教えてください。
「前半はある程度はボールを運ばれていながらも、最終的なところではしっかり防いでいたので、当然、自分たちがもっと制限しながら、相手にプレッシャーをかけてボールを奪うということがしたかったんですけれども、それがある程度は出来ていました。後半、自分たちが追いつかなければいけない、押し込まなければいけないというところで、逆にそういうシーンが多くなってしまったのではないかと思うので、その辺は、我々が主導権を握って、もっとボールを動かして、相手陣内にボールを運んでということができれば、そういうシーンというのは少なくなったのではないかなというふうには思っています」

Q:ボールを握っている時であっても、組み立てのパスが通らないとか、ポジショニングとか、どこか怖がっているようにも見えました。監督の目から見ていかがだったのでしょうか?
「特に前半はそういった感じがあったんじゃないかなと思います。非常に球際のところも激しく来ていましたし、狙いに来ているというのは選手たちも感じていたと思うので、そこの部分というのが、ちょっと判断が遅れたりだとか、パスのタイミングが遅れたり、そういうところにつながったのではないかと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR