Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
8
11
13
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【監督会見 J2第32節 福岡-松本】「結果に喜ぶことなく山口戦に向かっていければなと強く思う」/反町康治監督


[中倉一志=取材・構成・写真]
2018明治安田生命J2リーグ 第32節
日時:2018年9月8日(土)18:03キックオフ
会場::レベルファイブスタジアム/9,090人
結果:アビスパ福岡 0-1 松本山雅FC
得点:[松本]ジネイ(90分+1)

◎反町康治監督(松本);
Q:試合を振り返って
「ジャージを着ていたんですけれども、暑くなって脱いでしまいました。そういう非常に熱量のあったゲームだったと思います。先ほどインタビューにも応えましたけれども、どっちに転んでもおかしくない、もしかしたら、福岡さんの方に転ぶゲームだったかなと思います。我々は、あまり最後の時間帯で、こういう劇的な試合がなかったので、前節は福岡さんが劇的な勝利をしたわけであって、それをアウェイの地でできたというのは少なからずうれしく思っていますし、途中で入った交代選手、(岩上)祐三、ジネイ、ジネイに関してはシーズン途中からの加入というダブルパンチですから、そういう中で、狙ったかどうかはクエスチョンですけれども、彼の良さが少なからず出たのはうれしく思っていますし、この結果に喜ぶことなく、精進して、リーグ戦の山口戦に向かっていければなと強く思っています」

Q:今日は無失点でしたが、スピードではがされたり、サイドから崩されたりと、危ない場面は非常にあったと思いますが、上手く喰いついたりですとか、ビルドアップのところで中盤のやり方を少し変えて、嫌な失い方をしないという課題を受けた試合運びがあって、それが無失点につながったと思いますが、その点はいかがでしょうか?
「カウンターの脅威というのは前節の水戸戦も含めてありますよね。外国籍選手の2トップにすると、どうしても攻め残っていて、エネルギーを貯めておいて、エネルギーを発散させるというやり方になっていくので、特に我々のスピードがないところは狙って来るでしょうね。だから、右サイドの守り方と、左サイドの守り方を少し変えて後半は送り出しましたけれども、少しは処方できたと思います。やはり、ドリブルではがすスピードがある選手がいるチームというのは難しいですね。最終的には、もうちょっとゴールから近いところでファールもせず、相手のスペシャルキッカーが直接狙えるところもなく、そつなくまとめ上げたと思います」

Q:無失点で終われるかなと思ったところで得点が決まりましたが、守備の面で、どの点が一番良かったと監督はとらえていらっしゃいますか?
「サイドで数的有利を作られたり、クロスを上げられたりするところは、向こうのボールがあんまり良くなかったのもありますけれども、最後の砦の守田も含めて、体を張るところ、またはワンツーに付いていくようなところ、ドリブルに対して、しっかりと対峙するところはやれててたし、だからフリーでシュートを打たせるシーンは、あんまりなかったですよね。それは良かったと思います。我々らしさと言えば、我々らしさでもあるので、いつもそういうトレーニングをしていますからね」

Q:引き分けでも苦しくなる中で、アウェイで勝点3が取れて暫定ながら首位に立ったということで、4試合ぶりの白星は今後につながるのではないかと思います。
「長いシーズンですから、いい時も、悪い時もあります。それを脱するためには誰も助けてくれないわけであって、自分たちで這い上がっていくしかないというところで、もう一回トレーニングでの集中も含めて、しっかりと足下を見つめ直して、前節の水戸戦から、少しずつ、少しずつ良くなってきたのかなと、それがこの結果につながったのかなと思っています。ただ、今日見ていただいて分かるように。『J2の上位チームなのか、お前ら』と言うほどひどい部分もありますので、それはプロのトレーニングで直していくしかないというふうには感じています」

Q:アディショナルタイムに入った時に、監督の頭の中に引き分けでもよいというお考えはあったのでしょうか?
「形も変えずにやったので、そのまま推移していけばそんなに大きな崩れはないかなと、残り5分になった時から思っていました。ちょっとセルジ―ニョのところで水漏れがしているのがディフェンスだったので、その水漏れを防がなくてはいけないということで、少しディフェンスに力点を置いたのは間違いなくあると思います。あとは前半からセットプレーがかなり多かったので、フリーキックですね。だからフリーキックもたくさん準備したんですけれども、うちと福岡さんは全く違う守り方をしているので、たくさん用意はしたものの、やはりあまりいいボールが入らずに跳ね返されているところを、最後にああいう形で点が取れたのは、狙い通りと言えば狙い通りですし、福岡さんはオープンプレーからあまりチャンスを作らせてくれないチームなので、それを何とかこじ開けることができたのはうれしく思っています」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR