Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
8
11
13
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【監督会見 J2第31節 福岡-大分】「素晴らしい雰囲気を作ってくれたサポーターのおかげ」/井原正巳監督


[中倉一志=取材・構成・写真]
2018明治安田生命J2リーグ 第31節
日時:2018年9月1日(土)18:03キックオフ
会場::レベルファイブスタジアム/10,120人
結果:アビスパ福岡 1-0 大分トリニータ
得点:[福岡]レオミネイロ(90分+3)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日、悪天候の中、大勢のサポーターが駆けつけてくれて、最後まで声援を送ってくれました。我々が何とか最後に勝ち切ることができたのは、素晴らしい雰囲気を作ってくれたサポーターのおかげだと思っていますし、この勝利をプレゼントしたいと思います。
今日の対戦相手の大分さんは非常に力があるチームでしたが、我々の9月の連戦、まずはその一つ目の上位対決で、みんなで勝点を取ろうという想いでゲームに入りました。とにかく、腰を引くのではなくて前からアグレッシブに行こうということで、前半はいい入りができ、我々のゲームではなかったかと思います。後半、大分さんも少しシステムを変えながら、我々に対して、かなり押し込んでくる時間帯がありました。その中でも耐えながら、何とか最後のゴールにつながったのかなと思っています。9月の上位対決、特にホームゲームが3つ続きますけれども、その最初が非常に肝心でしたし、いいスタートが切れたと思っています。まだまだこれから厳しい相手が続きますので、次の松本、ウイークデーの横浜と、チームとしてこの勝利に喜ぶことなく、気持ちを引き締めて、その連戦を乗り切れるように、またいい準備をしていきたいと思います」

Q:3枚の大分に対して4バックで臨んだ理由と、ボランチに枝村選手を先発起用した理由を聞かせてください。
「4枚で行ったのは、前からのプレッシングをかけやすいシステムで行こうということでした。4枚だと、それぞれの距離感が均等でやれますし、ボールを取った後の攻撃のところも踏まえて、積極的に行くには4枚で行った方がいいだろうということで、この選択をしました。後半は3バックにしましたが、守備の時は、そういうシステムで守るというオプションも持ちながらだったので、前半は非常にいい形で、それが効いていたと思いますし、我々のゲームができたのかなという印象です。
今回、ウォンに代えて枝村を起用したのは、自分たちがボールを持っている時の攻撃のアクセント、質というところをより高めたいということ、また、しっかりと組み立てのできる選手なので、そういう部分での期待と、もちろん運動量もある選手で、全体の連携であったり、コミュニケーションを高めながら中盤のところを引き締めてくれる選手ので、そういう意味でも起用しました。途中交代になりましたけれども、そこまで目いっぱいやってくれたと思います」

Q:後半の早い段階でカードを2枚切って、結果として、その2人が点に絡んだわけですが、交代選手の起用の意図を、それぞれ教えてください。
「レオは前節も途中からの出場でしたが、コンスタントに試合途中から出場していましたし、前線の選手には最初から飛ばしてやってくれといつも言っていて、そういう中で、膠着状態または押し込まれている状況の中でレオを入れることで、より前のパワーが増すという部分と、ドゥドゥとの関係も非常にいいものを持っているので、早い段階での投入になりました。
石津と山瀬功治の交代に関しては、石津もかなり守備に貢献しつつ、攻撃のところもフルパワーでやってくれていたので、山瀬も同じ役割というところからスタートして、枝村は、より前のパワーを持つ城後を入れてという交代になりました。結果的には交代の選手が上手く絡んでくれてゴールにつながったと思います。後半は押し込まれている時間帯が多かったので、そういう意味では、もう少し攻撃のところで自分たちの時間というものを作れれば、よりベストなゲームだったのかなと思います」

Q:レオミネイロ選手が非常に価値ある得点を決めました。そのレオミネイロ選手の評価と、ドゥドゥ選手とサイドと中央でポジションチェンジをしながらのプレーになりましたが、今後もそのような起用の仕方になるのか、考え方を教えてください。
「レオの個の突破というのは、途中から入ってきても、最初からでもできる選手だと思いますし、そういう意味では、今日は途中からの投入で、チームとしての攻撃する姿勢というのは高まったと思いますし、彼のシュート力というのは、普段のトレーニングから非常に高いものがあるので、それを期待通りに出してくれたと思っています。
ポジションに関しては、前のところでもサイドハーフもできますし、ローテーションの中で、攻撃の後の切り替えのところではポジションチェンジしていいよと言っているので、そこはレオとドゥドゥだけではなくて、全員の選手がオートマチックに、切り替わった時は、ポジションチェンジはしていると思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR