Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
8
9
10
11
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【監督会見 J2第25節 徳島-福岡】「優勝や昇格がなくなったわけではない。這い上がっていきたい」/井原正巳監督


[中倉一志=取材・構成・写真]
2018明治安田生命J2リーグ 第25節
日時:2018年7月25日(水)18:03キックオフ
会場::鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム/3,787人
結果:徳島ヴォルティス3-1 アビスパ福岡
得点:[徳島]ウタカ(32分)、[福岡]城後(36分)、[徳島]岩尾(47分)、ウタカ(48分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日、我々は中3日の中で徳島さん相手にしっかりと準備をしてきたわけですけれども、今シーズン初めて3失点をしてしまったということで、ミスが失点に直接つながってしまったというのは私の力不足ですし、しっかりと後半戦を勝ってスタートする中で、勝点を取れなかったということは非常に残念に思っています。徳島さんにはウタカ選手がいて、やはりそこをフリーにするということは我々の致命傷になるわけで、そういうところの差を今日は見せつけられたかなと思っています。
前半は先行されながらも、しっかりと追いつく展開ができたと思いますが、やはり後半の入りが非常に悪かったのかなと。早い時間帯に2失点したということが今日のすべてだったかと思います。ただ、これで終わりなわけでも、優勝や昇格がなくなったわけでもないので、ここから這い上がっていきたいと思いますし、また中3日で横浜FC戦があるので、そこに向かって精一杯チームを立て直し、選手たちもその試合に向けて、いい準備をしていきたいと思います」

Q:下を向く必要はないと思いますが、今シーズンを振り返った時に、ここが勝負というところで勝点を落とす試合が続いていると思います。これからそういう試合で勝点を取っていかないといけませんが、どういうところが必要でしょうか?個別には細かなところがいろいろとあると思いますが、そういうところで勝点を落とし続けている何かの理由がありそうな気がします。
「それが『これ』というものが分かればサッカーは簡単なものです。我々は常に勝利のためにしっかりと準備をして毎試合ゲームに臨んでいるので、それが結果につながらなかったというのは、もちろん私の責任ですし、私の力不足であり、ゲームへの持っていき方、選手へのアプローチの仕方等も含めて、そこが足らないのかなとは思っています。まだまだこれから、そういう厳しいゲーム、ここぞというゲームが出て来ると思うので、そこで同じ失敗を繰り返さないように、もちろん、それぞれ試合毎のテーマ、状況は変わってくるので、それに応じた試合運びを含めてやっていきたいとは思います」

Q:今日は先発を7人入れ替えてターンオーバーという形を取りましたが、特にディフェンスラインはこの夏に新しく加入した古賀選手、吉本選手が入っていました。そこでウタカ選手を抑えられるという準備、対策をする時間はあったのでしょうか?準備段階と、実際にやってみての感想はいかがだったでしょうか?
「もちろん、吉本が入った今日の布陣は初めてですが、古賀太陽はやっていましたし、その2人を加えた3人という形でやりました。吉本はFC東京時代にウタカ選手と一緒にプレーをしていてプレースタイルは分かっているところもありました。もちろん、ディフェンスラインだけの守備をやるわけではないので、そこは全体を通しての守備のところ、リスク管理や、背後への飛び出しについては試合前から抑えようということでしたし、どういう形で抑えていくかというところのゲームプランというのは、しっかりと持って臨んではいました。ただそれが一瞬の隙、またはオフサイドラインの駆け引き等でやられてしまったということです。身体を張ってピンチを防いでいたシーンもたくさんあったのですが、やはり、イージーなミスと言いますか、しっかりと付いて行けば問題なかったようなシーンでやられてしまったということは、それは準備不足であり、私の指導不足であり、力不足かなと思っています。ただ、新しい今日のディフェンスラインも、もちろん3失点したので褒めるわけにはいきませんが、本当に粘り強くやってくれていたと思いますし、失点のシチュエーションというのはもったいないなというのがあります」

Q:今日はドゥドゥ選手がいつもより目立っていなかったように思いますが、どういうところを抑えられてしまったのでしょうか?
「今日はちょっと前線の形を変化させて試合には臨みましたし、前々節にコンディションを崩していたというのもありますし、前にボールを運ぶ段階でスペースを消されていたし、我々が前へ運ぶ形というところに対して、相手の3バック、5バックの出し手へのプレッシャーがかなりあったかなと思っています。引かれてスペースを消されてしまったので、彼の特長が出にくいシチュエーションだったかなというふうには思っています。ただ、起点を作ったり、サイドの深いところに入って行くプレーはできていたと思いますし、決定的なシーンはなかなか作らせてくれませんでしたが、そこは次からはしっかりとチームとして、いい形がもっと生まれるように、組み合わせや形も含めてやっていきたいとは思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR