Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
6
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【レポート 天皇杯3回戦 札幌-福岡】攻撃面で収穫も見えるも、安易な守備を繰り返して4失点。3回戦で消える。


[中倉一志=取材・構成・写真]
天皇杯第98回全日本サッカー選手権大会 3回戦
日時:2018年7月11日(水)19:00キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/1,736人
結果:コンサドーレ札幌 4-0 アビスパ福岡
得点:[札幌]三好(12分)、ジェイ(59分)、チャナティップ(65分)、都倉(85分)

アビスパ福岡は11日、レベルファイブスタジアムでコンサドーレ札幌と対戦。主力選手を中心に約2か月ぶりに公式戦を戦う札幌に対し、リーグ戦での出場機会の少ない選手が中心の布陣で臨んだアビスパだったが、攻撃面でいい形を作りながらも「安い失点」(井原正巳監督)を繰り返して終わってみれば4失点。J1との力の差というよりも、ボールホルダーへのプレス、攻守の切り替え等、チームとしての守備に大きな不安を残した。

安易な失点がすべて
「同じような失点が4点続いていることは、我々チームにとっては非常に重症」(井原正巳監督)

どんな内容の試合であっても、決してネガティブな言葉を口にしない井原監督にしては珍しい言葉だったが、それも当然と言えば当然の言葉だった。最初の失点は12分。中盤のルーズボールの奪い合いで競り負けた後、なんでもないパス1本で裏を取られてカウンターからゴールを失った。2失点目はPK。これも1本のバスで裏を取られたところから始まった。

同じような形からあっさりと2点を失っても、守備組織はまったく修正の後が見られない。そして65分、85分の失点も、やはり同じように、なんでもないパス1本で簡単に裏を取られ、まったく無抵抗に失点を重ねた。いずれも、ボールホルダーに対するプレッシャーのかけ方、攻守の切り替え、最終ラインのリスク管理等々、サッカーをする上で基本中の基本と言える部分を、チームとして管理できていないことによる失点だった。

この日、札幌が放ったシュートは6本。アビスパが見せた隙を確実にゴールに結びつけたのは、さすがJ1と言えなくもないが、それ以上に、アビスパのリスク管理の問題の方が大きかった。リーグ戦への出場機会が少ない選手中心のチーム編成とは言っても、ほとんどの選手がリーグ戦に絡むメンバー。しかも、守備はチームとして取り組んでいることであり、天皇杯だから、出場機会が少ない選手だからという言葉では済まされない。リーグ戦にも影響しかねない失点。だからこそ、井原監督の口から厳しい言葉が発せられたのだろう。

攻撃面では収穫も
その一方で、攻撃面では収穫も見られた。この日、攻撃の中心にいたのは石津大介、山瀬功治、平尾壮、木戸皓貴の4人。ボールを散らしてリズムを作ったのは山瀬。前線では木戸がボールを収めて起点を作り、石津と平尾は小気味よいパス交換からチャンスを作った。石津がバイタルエリアで縦パスを受ける形や、スルーパスで2列目が飛び出していく形はリーグ戦ではあまりみられないもの。リーグ後半戦の巻き返しに向けての好材料と言えるだろう。

中でも存在感を見せたのは平尾だ。積極的に仕掛けることで左サイドの主導権を握り、得意のドリブル突破や、石津とのパス交換で好機を演出。「自分のリズムでプレーができれば今日はまったく取られる気がしなかった。2人、3人で来られても何かしらチャンスは作れていたし、1人目の選手にはまったく取られる気はしなかった分、ドリブルに関しては、2人目、3人目の選手と駆け引きができた」と自分のプレーを振り返る。

だが、手応えがあったのではないかという質問には顔を曇らせた。
「自分の良さは見せられたとは思いますけれども・・・。悔しい、悔しい。相手はフルメンバーだったとは言え4点差はつけられてはいけないと思うし、もっと自分たちが底上げをしていかないと、J1に上がった時に戦えない。もっと上手くなりたいなと率直に思った」
リーグ戦に出場に向けて、間違いなくアピールはできたはず。しかし、サッカーはチームプレー。チームとして勝てなければ悔しさしか残らない。

リーグ戦に向けて修正できるか
さて、アビスパの天皇杯は3回戦で終わった。札幌にとっては2か月ぶりの公式戦であり、本来の出来とは遠かったが、それでもJ1で上位につける相手に対しての敗戦という結果は、必ずしもネガティブに捉える必要はない。ただし、前述のように、チームとして戦う上での基本的な部分が欠けての内容は、しっかりと受け止める必要がある。井原監督も「普段の指導を含めて、これからもっともっと厳しくやっていく必要があるのかなというふうには思っている」と話す。

総失点数は少ないものの、なんでもないところで、なんでもないプレーから簡単に失点をしてしまうというのは昨シーズンからの課題。その結果、落とさなくてもいい勝点を落とし続けており、それは今シーズンも続いている。この日の失点も、選手1人、1人の意識の問題というよりも、チーム全体の問題として捉えるべきで、後半戦の巻き返しには、この課題の解消が不可欠だ。まずはアビスパにとって後半戦の初戦となる讃岐戦では、隙の無い守備を見せてほしい。

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR