Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
10
17
20
24
26
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【監督会見 J2第21節 福岡-町田】「もう一度チームを引き締めて後半戦は立て直せるようにしたい」/井原正巳監督


[中倉一志=取材・構成・写真]
2018明治安田生命J2リーグ 第21節
日時:2018年6月30日(土)18:03キックオフ
会場::レベルファイブスタジアム/8,492人
結果:アビスパ福岡 2-2 FC町田ゼルビア
得点:[福岡]松田(11分)、岩下(24分)、[町田]中島(83分)、戸高(85分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日は天候の悪い中、大勢のサポーターが来てくれて、前半はいい形でゲームに入れたと思います。けれど、後半に追いつかれて、非常に悔しい引き分け、勝点2を失ったような形でゲームを終えてしまったことを非常に申し訳なく思っています。
ゲームの方は、全体を通して非常にボリュームがあったゲームでしたし、非常に蒸し暑い中、我々の、町田さんを想定したゲームプランというものを、ある程度、できたと思います。ただ、警戒していたセットプレー、そしてやられたシーンもニアのところだったと思いますが、そこも含めてカウンターとふたつ、今週はしっかりと、そこをテーマとして、抑える形というものをトレーニングしてきましたが、そこでやられてしまったことは、私の指導不足だったのかなと思います。町田さんは、本当に90分間、あきらめないチームというふうに選手にも言っていましたし、今日も町田さんはそういうプレーをしていました。我々も、そういうプレーを見習わなければいけないなというふうに思います。残り、後半21試合あるので、まだまだ我々の目標である優勝して昇格するという目標に向かって、可能性は全然残っている思いますので、もう一度チームをしっかりと引き締めて、後半戦は立て直せるように頑張りたいと思います」

Q:後半の戦い方ですが、石津選手を投入した意図と、3点目を取りに行くということだったのかというところと、古賀選手が今日は初先発しましたけれど、どのように評価されているのか、聞かせてください。
「中盤のところのセカンドボールをなかなか拾えなかったところもあって、石津を投入しました。攻撃のところで落ち着かせるところと、もう1点取りに行くというところを彼に任せたところがあります。後半カウンターからのチャンス、森本のヘディングシュートと、惜しいチャンスもあったと思いますが、決めきれなかったところ、それでも2点のリードがあったわけで、そこを守り切れなかった。やはり後半のゲームの入り方等が悪かったのかなと思います。古賀太陽に関しては今日はCBでの出場になりましたが、非常に落ち着いてプレーしてくれたと思いますし、もともと、CB、SB両方できるポテンシャルのある選手なので、今日は彼らしいプレーをしっかりと発揮してくれたかなと思います」

Q:これで半分が終わり、後半戦でどこまで巻き返すかというところだ思いますが、勝点42に6足りませんでした。予定通りにいっているところと、いっていないところがあると思いますが、足りなかった勝点の差は、どのように考えていらっしゃいますか?
「目標勝点に到達していないゲームというのは、に到達していないというところは、勝点3を拾えなかったゲームは、負けたゲームが4試合(5試合?)ありますけれども、相手に守備組織を作られたところを、なかなかこじ開けられなかったり、カウンター、今日も失点しましたけれども、そこのリスク管理のところも含めて修正していかなけれはいけないと思います。あとは点を取るために、よりいろんな選択肢を増やしていく、今日はサイドからのクロス、そしてセットプレーがらみと、狙い通りのゴールが生まれましたけれども、もっともっと、ゴールの可能性、チャンスの数というものを、チームとして、後半戦で増やしていくことが大事になるかなと思っています」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR