Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
8
9
10
11
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【監督会見 天皇杯2回戦 福岡-鹿児島】「最少得点ではあったが勝ち切れたことは次につながる」/井原正巳監督


[中倉一志=取材・構成・写真]
天皇杯第98回全日本サッカー選手権大会 2回戦節
日時:2018年6月6日(水)19:00キックオフ
会場::レベルファイブスタジアム/1,5052人
結果:アビスパ福岡 1-0 鹿児島ユナイテッドFC
得点:[福岡]城後(33分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日の天皇杯2回戦、我々にとって天皇杯の最初のゲームになりました。相手が鹿児島さんということで、いまJ3で首位を走っているチームで、ここ8戦負けなしで非常に調子のいい中での対戦となりましたが、我々はタイトなスケジュールの中で、いままで出場時間の少ないメンバーを中心にゲームに臨むことになりました。多分、鹿児島さんも同じような形で来るという予想の下、鹿児島さんのいままでの試合を分析し、今日は3バックの方がマッチするのかなというところと、我々のいまいるメンバーの特性も含めて、少しリーグ戦とはシステムを変えて入りました。
立ち上がりから非常にアグレッシブにプレスを上手くかけてくれたと思いますし、ゲームの入りも非常に良かったと思います。その流れもあって、前半にいい形で点を取ってくれたと思いますし、90分間、しっかりと守備の方も集中して0に抑えて、次のラウンドに進むことができました。
カップ戦というのは、力の差があってもしっかりと勝ち切ることが難しい、そういうゲームが多い中で、今日は1-0という最少得点ではありましたが、勝ち切れたということは次につながると思いますし、中3日でリーグ戦が控えていて、九州ダービーの熊本戦がありますから、またそこに向けてしっかりと準備をして、この流れを継続していけるようにしていきたいと思います」

Q:今日は前線の真ん中で木戸選手が先発しましたが、彼のプレーについて、どのように見ていらっしゃいましたか?
「今日は前が3枚で、城後、石津、そして木戸という形でスタートしました。前で彼の動き出しであったり、ランニング等を期待して、またトレーニングでも非常に調子が良かったので、今日は先発で使いました。その中で彼の特長を出してくれたと思いますし、惜しいシーンもあったと思います。欲を言えば、もっとボールに絡んでほしかったというところと、収めるところ、起点を作るところ、そして飛び出すタイミングであったり、動き出しのところで、よりチームメイトとの関係が深まれば、もっと生きてくるのかなと思います。初先発だったので、そういう中でアグレッシブにはやってくれたところは評価したいと思います」

Q:城後選手は今シーズンは中盤での起用が多かったのですが、今日は前で使いました。その意図と評価を教えてください。
「今季リーグ戦ではボランチでの先発があったと思いますが、彼自身も前での出場をという想いもあると思いますし、そこで勝負したいという気持ち、そして、ゴールにより絡みやすいプレーというのも、ここしばらく続けてきたので、もう一度前線でトライしようということで、今日は3トップでスタートしました。彼の持ち味であるゴール前の高さであったり、今日は素晴らしいゴールを挙げてくれましたし、(石津)大介との関係性であったり、そういう動き出しのところは非常に彼なりの持ち味が出ていたと思いますし、相手への脅威は与えてくれていたと思います」

「次は札幌とのゲームになると思いますが、なかなか上にカテゴリーとゲームができないので、天皇杯は天皇杯でしっかりと準備して、次に向かえるよ
うに頑張ります」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR