Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
4
5
8
9
17
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【監督会見 J2第17節 福岡-徳島】「最後まで声援を送ってくれたおかげで最後は無失点で終えられた」/井原正巳監督


[中倉一志=取材・構成・写真]
2018明治安田生命J2リーグ 第17節
日時:2018年6月2日(土)14:03キックオフ
会場::レベルファイブスタジアム/8,598人
結果:アビスパ福岡 1-0 徳島ヴォルティス
得点:[福岡]ドゥドゥ(58分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「非常に暑い中、タフなゲームになりました。今日も大勢のサポーターが駆けつけてくれて、最後まで声援を送ってくれたおかげで、なんとか1-0で、最後は無失点で終えることができたと思います。
徳島さんはここ数試合、安定したゲームをされてます。守備も堅いですし、前線は非常にコンビネーション等、多彩な攻撃をされる中で、我々はチームとしてしっかりとした守備を前提に、カウンター、そしてコンビネーションを含めて点を取ろうという形でゲームに入りました。前半は前節の反省も含めて、いい形でゲームに入れたと思います。後半にドゥドゥの素晴らしいゴールで点を取って、その後、押し込まれるシーン、危ないシーンも最後はありましたけれども、全員が体を張ってゴールを守る、そういう意識が今日は非常に高かったと思います。危ない場面を掻きだしたりという場面もありましたけれど、それが守備のリズムにつながったのかなと思っています。あとは先ほども言いましたけれども、サポーターの大声援が、そういうリズムを上手く引き出してくれたかなというふうに思っています。まだまだ厳しいゲームが続きますし、今週は天皇杯を挟んで、次は九州ダービーの熊本戦になるので、まずはこの順位をしっかりキープすることと、勝点をより積み上げて、より上に行けるように、これからも準備をしていきたいと思います」

Q:非常に守備の集中力が素晴らしかったと思いますが、ゲームの終わらせ方という点で収穫、課題、それぞれあったと思いますが、どのようにお考えでしょうか?
「欲を言えば、もう少し押し込んだところで、しっかりとボールを動かしたり、マイボールを保持して、自分たちのゴール前から、なるべく遠ざけたところでのサッカーというものができれば、よりベストだったかなというふうには思ってます。その点に関しては、少し相手に早くボールを渡しすぎて、引かざるを得ない状況を作ってしまったので、そこは次に向けて、もう一度、最後のポゼッションも含めて、マイボールのところはより意識を高くしていきたいと思います」

Q:簡単な失点がなくなって、最後のところで体を張る部分がすごく出るようになったと思います。その辺りの評価はいかがでしょうか?
「そうですね。ここまではセットプレーのこぼれ球であったりとか、クロスの失点が特に第1クールでは多かったりとか、そういうところはクール毎に反省もしてきましたし、トレーニングでそこを修正しようというところも含めて、チームとしてポジショニングや細かなところ、最後の寄せであったり、そういう部分は全体として意識が高くなっているところもありますし、危ない場面でも、ゴールをしっかりとを守るという、その辺の意識がチーム全体として少しずつ高まり、また浸透してきたのかなというふうに思ってます。個々のところ、グループのところ、チームとしての守備というところの全体が、少しずつは底上げされてきたのかなと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR