Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
5
11
15
17
19
22
25
26
27
28
29
30
06

 

【無料記事】【監督会見 J2第9節 福岡-山口】「どうやって気持ちも体もリセットして次の試合に挑めるかが大事」/霜田正浩監督


【中倉一志=取材・構成・無写真】
2018明治安田生命J2リーグ 第8節
日時:2018年4月14日(土)14:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/6,837人
結果:アビスパ福岡 2-0 レノファ山口
得点:[福岡]鈴木惇(7分、58分)

◎霜田正浩監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「お疲れ様でした。こんな天候の中にも拘わらず、非常に多くの山口のサポーターが来てくれたことを本当にありがたく、嬉しく思っています。そして、彼らにちゃんと勝利を届けてあげられなかったことが、今日、一番残念でなりません。ただし選手たちは最後の最後まで本当に戦ってくれたと思いますし、まだまだ僕らが成長しなきゃいけない、サッカーが上手くならなきゃいけない、こういう試合をモノにするためには、まだまだやらなきゃいけないことがたくさんあるなというふうに思っています。長いシーズンでは勝ったり、負けたりすることもあると思いますので、こうやって負けた後に、どうやってもう1回、気持ちも体もリセットして次の試合に挑めるかというところが一番大事だと思いますので、また明日から準備をしたいと思います」

Q:今日は、後半の頭から坪井選手を5試合ぶりに投入しましたが、あのタイミングで投入した理由を聞かせてください。
「左サイドを、もう少し攻撃も守備も安定させたかったというのがあったのでヘナンを左SBに持ってきました。同時に、もう少しビルドアップからボールをちゃんとつなぎたいということもあったので、経験のある坪井をいれて、後ろからしっかりボールをつないで、僕らが目指してるサッカーをやりたいなと思いました」

Q:前半、小野瀬選手と高木選手が左右を入れ替わっていた時間がありましたが、それも同じような理由でしょうか?
「あれは彼らの判断です。僕はこれをやっちゃいけないということは言ってないので、ピッチの中で彼らが自分たちで判断をして右と左を変えました。それに関して僕はまったく問題にしていませんし、選手の判断ですからいいなと思います。ただし、それでちゃんと効率的、効果的な攻撃ができたかどうかというのはまた検証します」

Q:今日は相手の背後を取る動きが少なかったように思います。監督はどのように感じていらっしゃいますか?
「こういうピッチコンディションでボールが流れていってしまい、蹴る方も、受ける方も、いつもとは違ったタイミングになってしまうのですが、このピッチコンディションの中で、ちゃんと僕らが狙ってることができるための技術とか、判断とか、経験とかというものは、まだまだ足りないなと思ってます。狙いはありますけれども、相手のこともあるし、こういう天候、ピッチコンディションもあるし、いつも、いつも、狙った通りにプレーができるとは限らないので、その中で最適な判断、チョイスをしなきゃいけないなと思っています」

Q:最後の交代カードで大石選手を投入しましたが、どういう判断だったのでしょうか?
「中盤をしっかりつないで攻撃をしたいというところから後半は入りましたけれど、最後は点を取らなければいけないので、クロスに飛び込む人数だとか、ペナルティエリアの中に入る人数を増やしたかったので大石を入れました」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR