Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
3
4
6
9
11
12
13
15
17
18
19
20
21
22
25
26
27
28
02

 

【無料記事】【フォトレポート】トレーニングマッチ「アビスパ福岡vs.福岡大学」(18.02.1 雁の巣球技場)


【中倉一志=取材・文・写真】
アビスパ福岡は1日、雁の巣球技場で福岡大学とトレーニングマッチを行った。この日のアビスパはトップ下に石津大介を置く3-4-1-2の布陣。ボールを保持し、ボランチからのサイドチェンジを多用してサイドに起点を作り、そこからさまざまな形でゴールを狙うことにトライ。結果は2ゴールにとどまったが、トレーニングで取り組んでいる形が随所に現れるとともに、個々の仕上がり具合もよく、順調に調整が進んでいることが窺えた。

その一方で、主力メンバーにコンディション不良者が多く、チームとしてのベストな布陣は何かということについては、まだまだ見えてこない。トゥーリオ不在のチームはロングボールを蹴ることはほとんどないが、高さのあるトゥーリオが復帰した場合に、どのような攻撃パターンになるのかも興味深いところだ。コンディション不良者の状態は深刻ではなく、徐々に戦列に復帰してくるものと思われるが、3日から始まる宮崎キャンプでは、その選手たちの状態を見ながら、チームとしてのベストな布陣を模索することになる。

トレーニングマッチ2018(45分×4本)
日時:2018年2月1日(木)11:00キックオフ
会場:雁の巣球技場
結果:アビスパ福岡 2-0 福岡大学
得点:[福岡]ドゥドゥ(11分)、松田(86分)

IMG_5224.jpg
やはり石津大介が輝くのはこの位置。ボールを積極的に引き出して起点を作った。

IMG_5227.jpg
ドゥドゥは初の実戦で初ゴール。守備も献身的にこなした。

IMG_5232.jpg
コンディションに問題なし。平井壮にも十分にチャンスがある。

IMG_5236.jpg
4人でのポジション争いは杉山力裕がリード。

IMG_5239.jpg
篠原弘次郎は対人プレーの強さとフィードの良さで存在感を示した。

IMG_5250.jpg
相手DFと細かい駆け引きを繰り返す森本貴幸。

IMG_5252.jpg
何も問題を感じさせない駒野友一。この日は左でもプレー。

IMG_5258.jpg
尽きない運動量はさすが韓国選手。ユ インスにも十分にチャンスはある。

IMG_5260.jpg
コンディションは万全。鈴木惇は広い視野と正確なキックでアピール。

IMG_5268.jpg
昨年40試合に出場した山瀬功治。今シーズンも仕上がり具合はいい。

IMG_5270.jpg
後半から出場の松田力はゴールを挙げてレギュラー獲りをアピール。

IMG_5275.jpg
この日も大きな声を切らすことなくプレーした山ノ井拓己。

IMG_5277.jpg
ボールを運べる田村友。この日も積極的に攻撃参加を試みた。

IMG_5280.jpg
昨年終盤の活躍で自信をつけたか。DFリーダーの風格が出てきた堤俊輔。


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR