Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
7
9
12
16
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【監督会見 J2第40節 福岡-湘南】「サポーターに気持ちの入った姿というものを見せられた」/井原正巳監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第40節
日時:2017年11月5日(日)15:33キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/16,336人
結果:アビスパ福岡 2-1 湘南ベルマーレ
得点:[福岡]ウェリントン(27分)、[湘南]石川(59分)、[福岡]石津(66分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「まずは今日、今シーズン一番となる16000人を超すサポーターが駆けつけてくれて、我々に声援を送ってくれました。そのサポーターのためにも、今日はいいゲームをしようということで試合に入りました。話は変わりますが、昨夜、ソフトバンクさんが日本一になられて、私もテレビで観戦していましたが、本当に勇気、感動というものをもらいました。我々サッカーも、そういうゲームをしようということでしたが、見ているサポーターに気持ちの入った姿というものを、90分間、見せられたのではないかなと思っています。

湘南さんは優勝をされて、昇格を決められているチームです。本当に力のあるチームで、切り替えが早く、非常に走るチームに対して、我々も、そういう部分で絶対に負けないように試合に入ろうということでスタートしました。そして、選手は90分間、戦う姿勢というものを見せてくれて、我々のゲームが90分間できたのではないかと思っています。セットプレーから1点を取られましたけれども、そういう中で下を向くのではなく、もう一度ゴールを目指して湘南さんを突き放したということで、今日のゲームは評価していいのではないかと思います。

ただ状況は変わっていないので、残り2試合で勝点を積み重ねて、自動昇格という目標が達成できるように、最後まで信じてやるだけです。ホームゲーム、そして最終戦の岡山と続きますので、その試合に向けて準備をしていくだけだと思っています」

Q:自動昇格を争う長崎と名古屋が先に試合を終わらせて勝っているという状況でしたが、その結果を選手に伝えられたのか、また、結果を受けて選手をどのような言葉で送り出したのか、教えてください。
「勝敗については選手にはインフォメーションしていません。選手は勝手に携帯を見ているかもしれませんが、敢えて、その話はまったくせずに試合に入りました。我々は自分たちの試合に集中するしかないので、当面の相手にしっかりと勝点3を積み重ねて、他力ではありますが、上2つが躓いてくれるのを待つだけですし、そういう意味では、はっきりとしているので、敢えて伝えることはありませんでした。最終戦になれば状況も変わりますが、まずは、その試合、その試合に集中していくだけだと思っています」

Q:仲川選手の怪我の状況と、松田選手に代えてエウレー選手を投入しましたが、交代の理由が怪我だったのかどうか、それと代わりに入るのがエウレー選手だった理由を教えてください。
「仲川についてはゲームを見ていらっしゃったら分かるように、少し足首をひねった状態で、プレーは続けていたのですが、少し痛みがあるようだったので石津を投入しました。松田力の方も少し足を気にしていたようだったので交代させました。怪我の程度は大したことはありません。交代選手がエウレーだったというのは、練習から精力的にプレーをしてくれていましたし、前ヘのプレスのスイッチを入れられるアグレッシブな守備をしてくれますし、ボールを持った時の独特の間合いであったり、他に左利きの選手がいない中で、左サイドからの攻撃にアクセントをつけてくれるだろうということと、ウェリを常に見ながらプレーしてくれるので、その関係を生かしたいということでした。途中から入ることになりましたが、ウェリとの関係を上手く出してくれたかなと思いますし、ボールが持てるので、亀川との関係も良かったかなと思っています」

Q:順位を4位に落として、やることがはっきりしたと言えばそうですが、そうは言っても、なかなか難しい1週間だったと思います。そういう意味で、練習の中で特に意識されていたこととか、何か声をかけたりというようなことはあったのでしょうか?
「順位を落としたという結果を受けてメンタルのところが落ちたり、下を向いているような選手がいれば、それに対して何かしらアプローチをしなければいけないと思っていましたが、本当に選手が精力的にトレーニングに取り組んでくれました。我々は首位の湘南をたたいて、可能性がある限り自動昇格を目指すという雰囲気の中でトレーニングに励んでくれていましたし、出場停止の選手、怪我明けの選手も元気に戻って来てくれた中で、非常にいい雰囲気の中でゲームができたということです。すべての選手が前向きに、昇格のためにハードワークをしてくれていたので、特別なアプローチはせずに『やることははっきりしている。勝つためにやろう』ということだけでやってきました」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR