Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
5
6
9
10
13
15
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【INSIDE FUKUOKA】泣いても、笑っても9試合。チャレンジャーとしてサバイバルレースに生き残れ!



INSIDE FUKUOKAは「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」をキャッチフレーズに、YouTubeLiveでお送りするアビスパ福岡の情報番組です。今週の放送は、9月20日(水)20:00より、アビスパサポーターの部室、スポーツバー「ハッチ」から公開生放送でお送りします。

【次回放送日時】9月20日(水)20:00~
【放送形式】YouTubeLive
【配信内容】1.オープニング
      2.試練を乗り越えた先にJ1がある
      3.エンディング

      MC/中倉一志(オフィスイレブン)
      アシスタント/師岡咲季
      ※スポーツバー・ハッチ/福岡市中央区今泉1-23-4 2階 092-724-0690

【視聴方法】以下の「YOUTUBE CHANNEL」にアクセスしてください。
https://www.youtube.com/c/INSIDEFUKUOKA

なかなか上手くいかない。熊本戦を見ての率直な感想です。ウェリントン不在の影響は思った以上に大きく、攻撃の形はほとんど作れないまま。気持ちでゴールを奪ったものの、その直後にPKを取られるという、ちぐはぐな戦い方で勝点を落として3位に後退。前半戦の貯金を使い果たし、2位長崎から9位大分までの8チームで、自動昇格の権利が与えられる2位と、プレーオフ進出権を得られる4チームの枠を争うサバイバルレースに完全に巻き込まれることになりました。

けれど、まだまだ。状況は厳しくなったとはいえ、危機的状況になったわけでも、昇格が難しくなったわけでもありません。湘南と2チームで抜けるつもりではありましたが、その可能性が厳しくなったというだけで、8チームによるサバイバルゲームを勝ち抜けばいいだけのこと。そもそも、シーズン前はそういう気持ちでいたはずです。優勝争いをして自動昇格したい気持ちはやまやまですが、ここから気持ちを切り替えて再スタート。受けて立つのではなく、チャレンジャーとして挑む9試合の始まり。まずは、目の前の試合に向き合うことが必要です。

思い通りにいかないもどかしさはありますが、前を向いて進むしかありません。今日の放送では、みなさんと一緒に次節岐阜戦への鋭気を養いたいと思っています。配信は、いつものように「スポーツバー ハッチ」からの公開生放送。お時間の許す方は、是非、スポーツバー・ハッチへ足をお運びください。1人でも多くの方のご来場をお待ちしています。

※ゲスト、ならびに配信日の変更は、番組視聴ページ、Twitter、FACEBOOK等で告知します。
Twitter acount @nakakurahitoshi
FACEBOOK https://www.facebook.com/h.nakakura
※番組へのご要望、お問い合わせ、ゲストの方へのご質問等は、以下へメールでお寄せください。
inside-fukuoka@office-eleven.co.jp
企画・運営/株式会社オフィスイレブン

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR