Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
5
6
9
10
13
15
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【監督会見 J2第32節 福岡-愛媛】「選手、スタッフ全員が力を合わせて勝つことができた試合」/間瀬秀一監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第32節
日時:2017年9月9日(土)18:05キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/7,194人
結果:アビスパ福岡 0-1 愛媛FC
得点:[愛媛]丹羽(45+1分)

◎間瀬秀一監督(愛媛);
Q:試合を振り返って
「今日の試合は、福岡、愛媛、両者にとって、お互いに流れの悪い中で迎えた試合で、メンタル勝負になると思っていました。一言で言えば、選手、スタッフ全員が力を合わせて、何とか1-0で勝つことができた試合だと思っています。今週は、全員で力を合わせていい練習ができていたんですけれども、愛媛FCには、福岡を古巣とする西田剛がいます。ちょっとしたトラブルで、今日、ここへ来れませんでした。また、神田夢実という選手がいますが、彼もトラブルがあって、福岡には来たんですけれども、ベンチには座ることができませんでした。前半には、キャプテンの小島が倒れて退場しました。そうした1人、1人の仲間のために戦い、今日のゲームに勝つという想いが伝わってきました。我々はここまで、2連敗、過去3戦勝ちがなく、悪い流れと言われる状況でした。そして、このレベルファイブスタジアム、福岡では愛媛FCは勝ったことがなかったそうです。私はそう聞いただけです、今年きたばかりですから。でも、本来、悪い流れとか、ジンクスとか、そういうものは存在しないと思っています。自分たちで作り上げているものだと思います。今季、我々はどこに勝ったことがないとか、流れが悪いと言われたジンクスを、ことごとく引っくり返すことができていました。ですから、今日の試合は、アビスパ福岡という強敵を敵地で相手にするわけですけれども、チャンスなのではないかなと思っていました。選手たちが、その気持ちを見事に表現してくれて、この勝利をもぎ取ってくれたと思っています」

Q:プレーオフを目指すにあたって、捨て身で臨むとお話しされていましたが、今日の勝点3の意味というものは、どういったものになるのでしょうか?
「残りを全勝すれば、どこどこに届くとか、そういう現実的ではないことは考えていません。サッカー界の常識と言われる勝点で計算すれば、ほぼ、今回がラストチャンスだと思って捨て身で臨みました。それは、全員が意識していたことだと思います。そういう意味では、この1勝、勝点3を手にすることはできましたけれども、今後一切、一喜一憂できる試合は残っていないと思います」

Q:丹羽選手のゴールは、白井選手のアシストだったと思いますが、白井選手と丹保選手の評価、そして、最後は押し込まれながらも、クロスをしっかりとはじき返して無失点に終えた評価をお願いします。
「ゴールを決めたのは丹羽選手。アシストをしたのは白井選手。けれども、そこまでボールをつないだのは全員ですよね。今回は実際の分析や、自分たちが狙っている形からのゴールだったと思います。守備の面では、もちろん力のある福岡の攻撃でしたが、これも何をするのかは分かっていましたから、それも踏まえて、分析のところで言えばスタッフ、練習、もちろん、ここに来ていない選手も含めて、全員の力で守り抜いた試合だったと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR