Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
5
12
14
16
21
22
25
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【監督会見 J2第30節 福岡-水戸】「勝点3にチャレンジする姿勢がクラブにとって大事なこと」/西ヶ谷隆之監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第30節
日時:2017年8月27日(日)18:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/8,075人
結果:アビスパ福岡 0-0 水戸ホーリーホック

◎西ヶ谷隆之監督(水戸);
Q:試合を振り返って
「苦しいゲームでしたけれど、勝点1を次の試合につなげられるように、次は名古屋さんですけれども、それに向けて、また準備していきたいと思います」

Q:アウェイで2位のチームに対して勝点1を取ったのは大きかったと思いますが、試合展開的には、ある程度、想定内だったのでしょうか?
「そうですね。フナ(船谷)の怪我に関しては誤算でしたけれども、そこで時間を作るという意味では、前半の15分までは、ある程度、できていました。少し早きなつて締まったというのはありますが、ひとつ勝負所で湯澤の投入というのも考えていました。チーム全体としては、0-0で行った時に、城後選手、坂田選手、石津選手ら、ある程度パワーのある、スピードのある選手が出て来るのも想定していました。その中で、システムを変えて守り切って、ひとつ裏返すか、同じ状況で行くかというのは考えていましたが、今日は選手全員が粘り強くやってくれていたので、この形でひとつ取れればなという感じでゲームを見ていました」

Q:3枚目の交代で小島選手を出しましたが、小島選手へのメッセージは、どのような形だったのでしょうか?
「(佐藤)和弘のところで、何回か切り替わったところでチャンスは多く作れていましたけれど、そこのところで、今日は和弘と周りのタイミングが合っていなかったので、その部分での投入です。彼は怪我明けでしたけれども、得点を取るというメッセージも込めてのものですが、彼も怪我から復帰して期するものもあったと思うので、彼の良さを出してくれたらなという想いで起用しました」

Q:ドローでいいというよりも、勝ちに行くというメッセージだったということでしょうか?
「ここから上位に食らいついていくためには、勝点1を取りながらですけれども、勝点3にチャレンジしていかなければいけないし、そういう姿勢というものをチーム、クラブ全体で出していくことが、このクラブにとってはすごく大事なことだと思っています。その部分は、次の名古屋戦でも、しっかりと出していきたいと思います」

Q:スタートでエンドチェンジをしたと思いますが、その点で、何か意図があったのでしょうか?
「後半になった時に、スタジアムの雰囲気も含めて、あの圧というのはホームアドバンテージになると感じていたので、トスのところで勝てたら逆を取っていくというのは狙いとして持っていました。それでトスが取れたので、そういう形でチームとしてはやっていきました」

「最後になりますが、僕は福岡で1年選手としてやっていましたが、こういう形で、このスタジアムに監督として戻ってこれたことは、すごく幸せなことですし、改めて、この福岡のサッカー熱と言いますか、スタジアムの雰囲気も含めて素晴らしいものを感じました。お互いにではありますが、J1を目指して頑張ってほしいですし、僕自身も、頑張っていこうと思えました。今日は本当にありがとうございましたと、サポーターのみなさんに伝えてください。ありがとうございました」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR