Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
5
6
9
10
13
15
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【監督会見 天皇杯3回戦 筑波大-福岡】「我々を確実に上回っていた。勝ちに値するのは筑波大」/井原正巳監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
日時:2017年7月121日(水)19:33キックオフ
会場:ケーズデンキスタジアム水戸/1,326人
結果:筑波大学 2-1 アビスパ福岡
得点:[筑波]中野(69分、79分)、[福岡]石津(89分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「まずは福岡から来てくれたサポーターや、応援してくれたサポーターに天皇杯の勝利をプレゼントすることができずに、ここで敗退が決まってしまったので、本当に申し訳ないですし、残念な気持ちでいっぱいです。試合は、我々が隙を見せたとか、入りが甘かったとか、そういうものではなく、やはり、筑波さんの方か上だったなと。90分を通して、そういうゲームだったと思います。彼らは非常に戦っていましたし、球際、セカンドボール、チャレンジするところ、そういう部分というのは、我々を確実に上回っていましたし、勝ちに値するのは筑波さんだったなという印象です。この敗戦をしっかりと受け止めて、中3日でリーグ戦がありますので、それに向けて、リーグ戦、天皇杯と連敗で来ているので、立て直して、リーグ戦はアウェイですけれども、しっかりと準備をして臨みたいと思います」

Q:今日は筑波大学の中野選手が2得点を上げました。彼の印象や、2失点の要因はどのようなところにあったと思いますか?
「CBとの駆け引きも非常に上手い選手ですし、裏を取るタイミングに優れているなと思います。うちのCB2枚が、何度も危険なシーンを作られていましたし、クロス等の入りも含めて、本当に怖い選手だなと思っています。彼のことはケアしていましたし、そういう中で取られてしまったので、Jリーグに入っても十分に通用する選手ではないかなと思います」

Q:メンバーは変わると思いますが、群馬戦に向けての課題を教えてください。
「メンバーの方は、そのままスライドして群馬戦に出る選手もいますし、怪我人等もいて、選手層はギリギリのところでやっている現状がありますが、今日出たメンバーはコンディションを戻す、そして、残っているメンバーと上手く合流して、群馬戦に備えたいと思います。群馬も非常に暑いところですが、この夏をしっかりと乗り切らないといけませんし、前半戦ではホームでやられている相手なので、その借りをしっかりと返したいと思います」

Q:リーグ戦とはメンバーが違ってはいますが、前節の金沢戦も、今日の試合も、自分たちの良さを出せず、相手に狙い通りのサッカーをされて敗戦するということが続きました。その辺りで、何か修正する必要があると感じられている部分はありますか?
「前半は、相手もやろうとしていることはできていなかったと思いますが、それは大学生なので当たり前なのですが、我々の攻撃のところで、ブロックを作られた相手に対して、ボールをどうやって運ぶのか、どうやってゴール前まで運ぶのかというのは課題のひとつなので、その辺りは、もう少しスムーズにやっていけるようにしていきたいと思います」

Q:大会は違いますが、今季初の連敗となりました。その辺りはどのように立て直していきたいと思われますか?
「メンバーも少し変わりましたが、この敗戦をしっかりと受け止めることが必要だと思いますし、J1に昇格するためには、もう一度、しっかりと自分たちを見つめ直して、その中で、何ができて、何が悪かったのか、また、どういうことをもっとしていかなければならないのかということを、このあとの3日間だけではなくて、これからの20試合に、しっかりと続けていかなければいけないなと思います。もちろん、メンタルの部分もここでリセットして、強い姿勢で群馬戦に臨んでいきたいと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR