Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
5
12
14
16
21
22
25
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【監督会見 天皇杯3回戦 筑波大-福岡】「最後までひとつになって戦えたことが勝利につながった」/小井土正亮監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
日時:2017年7月121日(水)19:33キックオフ
会場:ケーズデンキスタジアム水戸/1,326人
結果:筑波大学 2-1 アビスパ福岡
得点:[筑波]中野(69分、79分)、[福岡]石津(89分)

◎小井戸正亮監督(筑波大学);
Q:試合を振り返って
「ありがとうございました。まず最初に、今回の九州の北部豪雨で被災された方がいらっしゃる中で、普通にサッカーをプレーさせてもらえているということを、改めて感謝しないといけないという話をして試合に入りましたが、被災された方の一刻も早い復興というものを願っています。
試合については、何よりも選手たちが自信を持って、我々がやるべきことをやろうということを、90分+4分間、やり続けてくれたことに感謝したいと思っています。もちろん、相手はプロの選手なので、一瞬でも隙を見せればやられてしまう中で、最後の最後まで、ひとつになって戦えたことが勝利につながったのかなと思っています」

Q:今日のスタメンの選手を見ると、守備の能力の高い選手が並んでいたという印象です。ゲームプランは、どういったようなものだったのでしょうか?
「アビスパさんを見た時に、高さというものが武器だと思っていて、最後にセットプレーでやられたように、高さや、フィジカル的な強さのある選手でないと立ち向かえないなというのがあったので、最終ラインに高さ、強さのある選手を並べたというのは、狙いとしてあります」

Q:しっかりと守って、後半にギアを上げようという狙いもあったのでしょうか?
「ギアを上げようというよりも、続けようということでした。また、途中から出た選手が鍵になるとも話していたので、途中から入った選手も含めて、やり続けてくれたというのが勝因だと思います」

Q:今日の試合で選手の成長を感じた部分というのは、どういったところですか?
「2点リードした後に押し込まれましたが、パニックになっている選手は誰もいなくて、最後までみんなでコミュニケーションを取りながら、やるべきことをやり続けられているなと感じました。試合の流れを感じながら、整理しながらやれるようになったというところは成長している部分かなと思います」

Q:今日は中野選手が2点取りましたけれども、監督から見た評価を教えてください。
「もっとチャンスはあったと思いますね。彼に対する要求は高いので、2点取ったのは素晴らしいことではありますけれども、もっと、もっと、彼にはやってほしいなと思うので、厳しい要求をしていきたいと思います」

Q:ストライカーとしての役割を任せられて、周りともフィットしてきているように感じますが、 その辺りはいかがでしょうか?
「彼は仲間に助けられて点を取る選手ですし、今日も1人で点を取ったわけではなくて、バスを渡してくれた仲間がいるので点が取れているので、その辺の信頼関係というのは、選手の中であるのではないかなと思います。彼はJリーグに行くことが決まっている選手なので、もっと成長して、1人でも点が取れる、もっと苦しい状況でも点が取れる選手になってほしいなと思います」

Q:前半にもチャンスがあって、点を取る前にも2度ほど決定機があって、それでもゴールが生まれなかったというところで、逆に嫌な予感のようなものはありませんでしたか?
「よくあるパーンだなとは、ちょっと思っていました。けれども、ボランチや最終ラインの選手たちの表情を見ていると、こういう時こそ注意なんだというのを感じながらプレーしていましたし、枠内シュートということで言えば、後半は失点したところだけかなと思いますが、守備のところの集中力が高かったので、それほど心配はしていませんでした」

Q:昨年の1部復帰、インカレ優勝、そして、今シーズンは現在大学リーグで首位ということですが、天皇杯での活躍は、これまで積み重ねてきたものが、このタイミングで結果になって表れているということでしょうか?
「天皇杯というのは大学生にとって特別な試合だというのは事実だと思います。ただ、この大会に向けて何かを準備してきたわけではありません。実際、3日前には、大学生との試合をしているわけですし、今日の試合に対しては何の準備もできていませんでした。今シーズンは、ここまでに20試合をしてきましたが、その積み重ねの中で、天皇杯も、またひとつ積み重ねの試合だということはゲーム前にしていました。アビスパ用の戦術を取ったわけではないですし、ディテールの部分でのポジションの取り方だとか、守備の時の陣形とかというのは、ゲーム前のミーティングでしかやっていませんけれども、すぐに理解してやってくれているので、そういう意味では、これまでの積み重ねが今日のパフォーマンスにつながったと思っています」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR