Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
6
14
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

 

【無料記事】【監督会見 J2第22節 福岡-金沢】「金沢さんのゲームプランに完全にやられたなというゲーム」/井原正巳監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第22節
日時:2017年7月8日(土)18:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/7,005人
結果:アビスパ福岡 0-2 ツエーゲン金沢
得点:[金沢]杉浦(20分、84分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「まずは九州北部の水害で苦しんでおられる方のためにも、また犠牲になられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方に勇気を届けられるようなゲームをしたかったのですけれども、結果的に敗戦ということで、非常に申し訳なく思っています。また、多くのサポーターが来てくれましたし、後半戦のスタートをいい形で切りたかったんですけれども、勝てずにサポーターに申し訳ないと思っています。
金沢さんにはアウェイの1戦目は5-0で勝たせていただきましたが、その時の金沢さんとは違うよということでゲームに入り、想定したゲームの流れになったと思います。向こうのハードな守備、粘り、そしてカウンターというものはケアして入ったつもりですが、セットプレーからひとつめを取られて、後半はシステム等を変えてチャンスは作りましたけれども、ゴールを挙げることができずに止めを刺されたということで、今日は金沢さんのゲームプランに完全にやられたなというゲームでした。21試合ある後半戦の初戦で、こういう敗れ方をしてしまいましたが、この敗戦を残り20試合につなげていきたいと思います。金沢さんのひとり、ひとりの頑張り、体を張るところ、切り替え、そういう部分は我々を上回っていたと思いますし、そういうところは、我々も、もう一度見つめ直して、次は天皇杯、前半戦に敗れた群馬と続きますが、天皇杯を勝って次のラウンドに行くこと、そして群馬戦は前半戦の借りを返せるように、いい準備をしていきたいと思います」

Q:決定機の数はかなりあったと思います。特にクロスを上げた時、裏へ飛び出した時は、かなりの確率でチャンスになっていました。ただし、それを徹底できずに、相手が待っているところへボールを付けて、引っ掛けられてカウンターを受けるというシーンも多かったように思います。サイドアタックを徹底できなかった理由としては、どのようなことが考えられますか?
「こちらからの指示というものも、ずっと送ってはいましたけれど、中のスルーパスにこだわったところもあったと思いますし、ブロックを作った相手に対してはクロスが有効で、チャンスを作ったシーンも、ほとんどがその形でしたから、もっと、もっと徹底しなければいけなかったなというのはあります。ただ、実際、フリーでシュートまで行けていましたし、その中でシュートを決めていればというゲームでもありました。タラレバにはなりますけれども、そういうチャンスを決められないと、こういうゲームになってしまうし、本当に金沢さんが粘り強くやられたところに、我々はまんまとはまってしまったなというところがあります」

Q:ホームで4敗目。特に、そのうちの3敗が町田、群馬というように下位と思われるチームからのものです。下位と戦う時の難しさ、ホームで戦う時の難しさというものは、何か共通するものがあったのでしょうか?
「ホームゲームで勝点3をサポーターにプレゼントできないのは、本当に悔しいですし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。ホームゲームで、下位の順位のチームに勝てていないのは、我々に力がないからだと思っていますし、しっかりとブロックを作って守ってきたチームに対するゲームプランであったり、その守備をこじ開けてゴールを取るというところが、まだまだ課題なのかなと思っています。あとはカウンターに対するリスク管理というところは、まずは失点しないことということを徹底はしているんですけれども、まだ我々に甘さがあるのかなと思っています」

Q:後半早々に石津選手を投入してシステム変更をしましたが、その意図を教えてください。
「實藤が体調不良でゲームの続行が厳しいということで、冨安を最終ラインに残して、石津を入れてシステム変更をしました。1点ビハインドの状況でしたから、システムを変えるつもりではいましたが、冨安を上げるという選択肢もあったのですが、實藤の体調の問題があり、まずは石津を入れて前線の活性化を図りました。チャンスは作ってくれていましたし、決めてくれていればというシーンもあったとは思います」

Q;今日、3試合ぶりの出場になるポッピ選手は、チャンスメイクという意味では素晴らしい活躍をしていると思いますが、なかなかゴールが生まれないことについて、監督としては、どのように判断されているでしょうか?
「彼自身のゴールというものは、もちろん彼自身が飢えていると思いますし、取りたいという気持ちはあると思います。でも、チームプレーに徹してくれていますし、チャンスメイクということもやってくれていますので、そういう意味では、そこから誰かがゴールを決めてくれればいいと思いますし、その中で彼自身がゴールを取るシーンがあれば、彼も乗っていけるのかなと思います。そこは我々もゴールというものを期待しているところではあります。今日は、相手のディフェンスラインの背後に走って、そこからチャンスメイクするという仕事は、出場時間を通してハードワークしてくれたと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR