Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【監督会見 J2第21節 福岡-岐阜】「でもゲームは続く。また次のゲームに向かって頑張りたい」/大木武監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第21節
日時:2017年7月1日(土)18:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/8,858人
結果:アビスパ福岡 1-0 FC岐阜
得点:[福岡]ウェリントン(64分)

大木武監督(甲府);
Q:試合を振り返って
「なかなか勝てないですね。ゲームはセットプレー、それからウェリントンに対してのマーク、よく頑張っていたんですけれども、最後にPKを取られてしまいました。ただ、攻撃のところで、なかなかチャンスができなかったというのが、まあ、このゲームの課題だったかなという気がします。勝てませんが、選手は本当によくやってくれていると思います。それから、福岡まで応援に来てくださったサポーターのみなさんがいます。選手も含めてですけれども、そういう人たちに、なかなかいい思いをさせてあげられないというのは残念です。でもゲームは続きますので、また次のゲームに向かって頑張りたいと思います」

Q:失点シーン以外は頑張っていたと思いますが、阿部正紀選手と青木翼選手のCBというのは、あまりやっていなかった組み合わせだと思いますが、連携も含めて、評価をお願いします。
「初めての組み合わせでしたけれども、連携というよりも、どうプレーするのかということに関しては、一緒にはやっていませんけれども、それは話してありますので、その辺りは上手くやっていたと思います」

Q:具体的には、どのようにプレーするということだったのでしょうか?
「マークに付いたときにカバーリングをどうするのかとか、サイドに張った時のマークとカバーリングの位置、その辺りですね。それからラインの上げ方とかですね。個人、個人にチームとしては話してありますので、そこは上手くプレーしてくれていたと思います」

Q:攻撃に関しては、前半の終わりの方は、比較的リズムを掴みかけた時間帯があったと思いますが、後半はそれが減ってしまいました。攻撃に関しての評価はいかがでしょうか?
「先ほども言いましたが上手く行かなかったというのが実感です。もうちょっと早くプレーするとかですね、ボールを渡すことに関して時間をかけるなという。相手が引くので、なかなかテンポが出せなかったというか、積極的に来られると引っかかるし、引かれたら自分たちでテンポを落としてしまうし、その狭間にいたような気がしますね。ですからそこでなかなかうまくいかなかったというのが現実だと思います」

Q:これで前半戦が終わりましたが、後半に向けて、このようにしたいということがあればお願いします。
「スタート当時の勢いというか、そういうものを取り戻したい気がしますね。勝てないことも含めてですね、ちょっと勝てないことでバタバタしているかなと思います。負けるゲームは全部肥しだと言っていますが、肥しが肥しになっていない、逆に栄養を取られてしまっているような感じなので、もう一度、どうだったのかということを洗ってですね、もう1回、2巡目のスタートを切りたいと思っています」

Q:最近、シシーニョ選手をトップにおいて、おそらく「見せ9番」のような感覚だと思うんですけれども、組み立てとしては、あそこにグラウンダーで当ててから、周りの飛び出しを促すような形を意識しているということでいいのでしょうか?
「別にそれは決まっていません。いろんな形があります」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR