Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
6
14
17
18
20
24
25
26
27
28
29
30
31
07

 

【無料記事】【監督会見 天皇杯2回戦 福岡-宮産大】「J2首位の福岡とやれたことは選手たちの経験になる」/笛真人監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
日時:2017年6月21日(水)19:00キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/1,249人
結果:アビスパ福岡 4-2 宮崎産業経営大学
得点:[福岡]三島(3分)、城後(25分)、石津(56分)、[宮産大]野川(76分)、山下(87分)、[福岡]中原(90+2分)

笛真人監督(宮崎産業経営大学);
Q:試合を振り返って
「この天皇杯という素晴らしい大会の中で、J2首位の福岡さんとやれたというのは、すごい選手たちの経験になるのかなというふうに思っています。また、点を取って惜しいところまでいったので、これからの財産になるのかなと思っています」

Q:やりたいことを表現しようとしていたのは宮崎産業経営大学の方のように見えました。ただ、点は取られていったわけで、どの辺りにアビスパとの差を感じられましたか?
「総合的にフィジカルだったり、技術的な問題で、最初の段階で自分たちが主導権を握れず、ミスも多かったですし、その中で相手が確実に点を取ったので、流れを持っていかれたかなと思っています。その中で、最後まで諦めずにやっていたことや、アビスパさんも3点差になったので少し緩くなった部分があったことで、いい時間帯に点が取れたので、こちらが主導権を握ることができたと思っています。ただ、試合内容的にはアビスパさんのゲームだったというのが正直な感想です」

Q:後半に主導権を握ることができたというところで、戦術的な工夫はどのようにされていたのでしょうか?
「前半は、相手がシステムを3-4-3から4-4-2に変えてきたというのもあったと思いますが、人もボールも動かすというのが、うちのサッカーのコンセプトなので、ハーフタイムに『負けたとしても、それをもう1回やろう』と話して選手を送り出しました。その中で、選手が気持ちをひとつにしてやってくれたということが、点が取れたという結果だったと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR