Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
6
10
12
13
19
23
24
25
26
27
28
29
30
06

 

【無料記事】【監督会見 J2第16節 福岡-群馬】痛恨の敗戦。「まだまだ早い、もう一度出直して来いということ」/井原正巳監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第16節
日時:2017年5月28日(日)13:01キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/8.025人
結果:アビスパ福岡 1-3 ザスパクサツ群馬
得点:[群馬]カン スイル(14分)、高井(27分、39分)、[福岡]ウェリントン(45分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日、多くのサポーターが駆けつけてくれて応援してくださったんですけれども、ホームで連勝が止まってしまい、ふがいない結果になってしまったことを、本当に申し訳ないと思っています。ゲームは1-3の敗戦ということになってしまいましたけれども、チャンスの数は本当に多く作れたと思います。その中で、決めきれない、決定力のところ、今日はゴールマウスが遠かったなという試合だったと思います。その中で、群馬さんに簡単に失点をしてしまったということは、我々に力がなかったということだと思いますし、今日勝てば、また首位をキープできるという状況であったにも拘わらず、それができなかったということは、まだまだ早い、もう一度出直して来いということだと思います。次も讃岐さんとのホームゲームが続きます。しっかりと修正して、来週のゲームに備えて、連敗しないようにしたいと思います」

Q:3失点のところですが、ゴールそのものは非常にきれいなゴールではありましたが、こちらで反省するとすれば、どこに問題がありましたか?
「本当にチャンスを簡単に決められてしまったというゴールでした。(1失点目の要因は)サイドのところの入れ替りであったり、クロスにピンポイントで合わされたという相手の決定力もありますし、2点目、3点目に関しては、中盤と最終ラインの間が少し空いていたり、我々のミスもありました。少し、ディフェンスラインの前のバイタルエリアを空けてしまったというのが失点の要因かなと思います。ボールの取られ方が悪かったり、全体のオーガナイズのところの問題だと思いますけれども、相手が前から来ているところで、いい形でパワーを持って奪われるというシーンが続いたので、そういうところは反省として、次に活かしていきたいと思います」

Q:選手を代えながら打開を図られていたと思いますが、後半の最後の方は、なかなかチャンスを作ることができませんでした。膠着してしまったのは、どのような部分に問題があったのでしょうか?
「群馬さんも割り切って中を固めてきたというのもありますし、最後は体を張って粘り強く守られたなというのはあります。両サイドは、亀川、駒野が、かなりいい形で突破できていましたし、クロスも入っていたので、そこのところでのパワーを生かそうということで、最後はシステムを変えて、真ん中の人数を増やしたのですけれども、最後は守られたなというのがあります。本当にシュートを多く打っていますけれども、今日は枠に飛ばなかったり、GKに止められたりというところで、そういう日もあるなというふうに思います。ただ、それも実力だとしっかりと踏まえて、次のゲームに向けて、いいゲームができるようにしたいと思います」

Q:上位チームに対して、非常にいいゲームをしている印象がありますが、その反面、下位チームに対しての試合の難しさを感じます。監督自身は、どのようにお考えでしょうか?
「やはり、相手の守り方、そして気持ち、そういうものも含めて、我々が上位チームと対戦するときのスピリットと言いますか、そういうものを逆に受けてしまうというのを、いまは逆の立場になって感じています。また、相手の守備の仕方というものも毎試合変わってきたり、我々に対する対応というものも、上位チーム相手ということで、前の試合とは違うやり方をしてくることは多々あることで、そういう部分で、ゲームを難しくしているところはあります。ただ、そういう試合であっても、しっかりと勝ち切ることが、我々が強くなるためには必要ですし、今日のようなゲームを、本当はしっかりとものにしていかないと、昇格などと言ってはいられないと思うので、次にこういうゲームをしないように、しっかりと修正していきたいと思います」

Q:2点差で後半に折り返したところで、守り方、攻め方という点で、何か支持をされたところはあるのでしょうか?
「相手はDFラインをコンパクトにして高めに保ってきたので、後半は早めに前線に入れて、こちらが押し込む時間は多く作れたと思います。中盤でひっかけられないようにということと、長いボールをいれながら押し込んで、そこからサイドを中心に打開しようということは、後半はある程度、できたと思います。最後のクロス委であったり、ゴール前の質、サイドのところからいかにえぐるかというところは、もっと、もっと、高めていかなければいけないと思いますけれども、後半は、ある程度、チャンスは作れたと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR