Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
5
6
9
10
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【監督会見 J2第13節 福岡-岡山】「ゴールをこじ開けられたのはサポーターの声援があったから」/井原正巳監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第13節
日時:2017年5月13日(土)14:03キックオフ
会場:;レベルファイブスタジアム/6,223人
結果:アビスパ福岡 1-0 ファジアーノ岡山
得点:[福岡]ウェリントン(89分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日も大勢のサポーターが駆けつけてくれました。非常に厳しいゲームでしたけれども、最後に何とかゴールをこじ開けることができたのも、サポーターの声援があったからかなと思っています。本当に感謝しています。
前節、松本に勝ったことで順位を少し上げて、今節、ホームゲームで連勝することで、その位置をキープできるということ、そして、中3日で湘南戦を控えていることを考えると、今日は絶対に連勝しようということでゲームに入りました。岡山さんの今日の3トップは、本当にクウォリティも高くて、ゴール前のコンビネーションは脅威でもあったので、そこをしっかりと抑えようということで試合に入りましたが、結果的に無失点で何とか抑えることができましたし、シュートも、あまり打たれなかったように思います。逆に、我々は多くのシュートを打っていたのですが、なかなかゴールをこじ開けることができなかったので、中3日ではありますが、コンディションを回復することと併せて、セットプレーも含めて、次の試合への課題として、より最後のところの精度を上げていくことを、少しでもやっていければと思っています」

Q:いい試合をした後に、なかなか内容のある試合ができないという状況が続いていましたが、苦しい内容にしろ、結果を取ったということで、非常に大きな価値があったのではないかと思います。監督は、度のようにお考えでしょうか?
「そうですね。前半も非常にチャンスを多く作っていましたが、その中で、なかなかゴールが生まれない、少し嫌な雰囲気ではあったのですが、しっかりと続けていくことと、最後はどんな形でもいいので、押しこんで、こじ開けて、みんなで勝利で終わろうという話で後半に臨みました。シュート数も15本以上打っていると思いますし、その中で、チャンスも多く作り、最後にウェリのゴールにつながったのは、みんなの強い気持ちがつながったのかなと思っています。ただ、しっかりとゴールが取れる時に取ってゲームを進めていかないと、1-0というのは本当に精神的にも疲れますし、2点差で勝ったゲームは、今シーズンはまだないので、そういうゲームをできればと思います」

Q:ジウシ―ニョ選手が前節からスタメンに入り、攻撃に幅を持たせている印象があります。また、山瀬選手がボランチに入って、チームに安定をもたらしているとも思います。改めて、ジウシ―ニョ選手と山瀬選手の評価を教えてください。
「ジウは日本での経験が豊富で、今シーズンから我々のチームに加わって、右サイドの中盤か、今日のように3トップの一角としてプレーしていますが、これまでも途中から入っても結果を出してくれていました。彼のファイティングスピリット、前への推進力、ボールを受けに入ってくる動き等々はチームに溶け込んでいますし、駒野との関係という点では、ジュビロでも一緒にプレーをしていますので、その辺りがスムーズにいくということがあります。今日も、先発でいい仕事をしてくれたと思います。何よりも、気持ちというものを前面に出すプレーヤーですし、我々のチームはおとなしい選手が多いので、チームに活を入れるようなコンタクトのところの強さとか、そういう面では、非常にいい見本になってくれているのかなと思っています。それと(山瀬)功治ですけれども、彼は中盤であれば、サイドでも、トップ下でもできますし、経験豊富な選手ですし、彼がボランチでミカ(三門)と一緒に、中盤の安定感を出してくれていると思います。チームの中でいろんなことを考えながらコントロールしてくれるので、我々のキーマン的な存在として、チームを上手くまとめてくれていると思います」

Q:シュートを多く打って得点がない中で、後半に石津選手と、ポッピ選手を2枚替えされました。その意図と、2人がもたらした影響についてお聞かせください。
「もともと、その2人がレギュラーとして出ている試合も多くありますし、今日はジウとサカ(坂田)の先発でしたが、彼らの疲れも少し見えてきた中での交代でした。お互いの特長は少し違いますが、ポッピには、より前へ出て行く姿勢と、右サイドのプレーも得意でクロスの精度がありますし、石津は間で受けるようなプレースタイルの中からチャンスメイクする選手です。今まで、あの3人で多くのゲームを経験しているので、それまでとは違う形、ちょっとしたボールの違い、そういうものでゴールを挙げてくれればという意味で投入しました」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR