Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
3
4
7
8
12
13
14
15
17
19
21
24
25
26
27
28
29
30
31
08

 

【無料記事】【監督会見 J2第1節 福岡-大分】「選手が我々のサッカーを信じてトライしてくれたおかげ」/片野坂知宏監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第1節
日時:2017年2月26日(日)13:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/15,042人
結果:アビスパ福岡 1-2 大分トリニータ
得点:[大分]松本(26分)、[福岡]駒野(45分+3)、[大分]鈴木(90分+3)

◎片野坂知宏監督(大分);
Q:試合を振り返って
「昨シーズン、J3で優勝して、1年で復帰して、今日、開幕戦のアビスパ福岡戦に向けて、我々がしっかりと準備してきたことが、完璧ではないですけれども、ある程度、出せたのではないかと思います。本当に選手が、我々のサッカーを信じてトライしてくれたおかげだと思っています。試合はどちらに転ぶかわからないものでしたし、もしかしたら、勝点3を失っていた試合になっていたかもしれませんし、やはり、福岡さんの迫力ある攻撃は非常に怖さがあったなと感じています。拮抗した試合だったと思いますが、最後に、我々がああいう形で勝ちを拾えたのは、本当にラッキーな面があったかなと思います。でも、選手は最後まで諦めずに戦ってくれましたし、サポーターも本当にたくさん来ていただいて、サポーターにアウェイの勝利をプレゼントできて、本当にほっとしています。ただ、まだ開幕戦、42分の1が終わっただけなので、これからの戦いが本当に厳しくなると思いますが、またいい準備をして、次のヴェルディ戦で、また勝点を取れるように、いいサッカーができるように、しっかりと準備してやっていきたいと思います」

Q:前半は、なかなか思うようなサッカーができなかったと思いますが、後半は、逆に福岡を押し込む時間帯が続きました。どのあたりを修正されたのでしょうか?
「前半は、開幕戦ということで固さもあったのかなというのは、選手を見ていて感じました。今シーズンも、私はボールをつないでということにトライしているので、そういう面では、ちょっと怖がっているところもあったので、ハーフタイムに、思い切ってトライしようということを選手たちに伝えて、自分たちのやり方を徹底してトライしてくれたからこそ、後半、ああやって押し込むことができたのかなと思います。あとは、選手も前半やってみて、緊張がほぐれてきた感じもあったのかなと思います」

Q:1-1の状況の中、最初にカードを切りましたが、どのような指示を出されたのでしょうか?
「ボランチの姫野に代えて前田を入れたんですけれども、ボランチのところで、もう少しボールをつなぎたかったり、展開したかったりと言うのがありました。また、守備のところで、姫野もかなり疲労していましたが、中盤の攻防で、福岡さんはアグレッシブな選手もいるし、フィジカルの強い選手もいるので、そういうところで負けてほしくない、逆に、そういうところで我々が上回ることで、主導権を握れるのではないかということを前田には期待して投入しました。また、ボールを受けてくれということも前田には伝えて、それを前田もトライしてくれたと思います」

Q:開幕戦を戦っての手応えと課題を教えてください。
「手応えは、ある程度、自分たちの形、やりたいことは、少しは見えたのかなと思います。ただ、まだまだ精度も上げなくてはいけないし、やらなければいけないことがたくさんあるなというところで、攻撃のところの課題、守備のところの課題、それぞれ、自分たちのやるべきことの精度を、もっと上げたいと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR