Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
6
10
12
13
19
23
24
25
26
27
28
29
30
06

 

【無料記事】【監督会見 DAZNカップ第3戦 鹿島-福岡】「90分間、戦う姿勢というものは見せてくれた」/井原正巳監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017Jリーグ DAZNニューイヤーカップ 第1戦
日時:2017年2月2日(木)14:03
会場:KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場/2,271人
結果:鹿島アントラーズ 1-0 アビスパ福岡
得点:[鹿島]鈴木(49分)

◎井原正巳監督;
Q:試合を振り返って
「昨年のチャンピオンチームの鹿島に対して、タイトなスケジュールの中、どこまでやれるということと、気持ちを出していこうということゲームには入りました。攻撃のところで、なかなかチャンスを作らせてもらえず、いい形で奪って惜しいシーンまでは行ったと思いますが、さすがは鹿島というか、力の差を感じたところもありました。けれど、90分間、戦う姿勢というものは見せてくれたと思っています」

Q;第1戦の反省を含めて、短い時間で、どのようなところを修正して臨まれたのでしょうか>?
「短い時間と言っても、試合をしながら修正するしかないので、そこは意識の部分と、ポジショニング、全体のバランス、リスク管理も含めて、選手たちには口うるさく言っていました。第2戦も含めて、出ている選手全員が、守備のオーガナイズのところは、しっかりとやっててくれたと思っています」

Q:鹿島相手に1失点です。守備のところは、どのように感じていらっしゃいますか?
「守備に関しては、組織的な部分は、ある程度出たと思っています。粘り強さもありました。ただ、いい守備からいい攻撃という狙いは持ってやっていたんですけれども、どちらかというと、攻撃の部分に物足りなさを感じました。少し守備にパワーを使いすぎて、攻撃のところでパワーがなかったのかなと思っています」

Q:攻撃のところは物足りないということでしたが、どういうところを修正していきたいと、お考えでしょうか?
「ボールをいかにいい形で、いかに相手陣内まで運べるかということ。ボールを運びながら、自分たちが主導権を握った戦い方をしながらげーを進めるというところですね。鹿島の、相手の嫌なところに、いかにボールを入れていくのか、そこでしっかりとキープをして、味方が絡みながら、相手を崩していけるのか、という部分については、我々は、もっと、もっと、見習わなければいけないところですし、今シーズンは、そういうところも含めて、ゴールに向かっていこうという話をずっとしています。その部分を、トレーニングで、より突き詰めながら、組み合わせも含めて、チームとしてのコンビネーションを上げていきたいと思います」

Q:前半は狙いを持った守備から、素早く切り替えて、テンポよくボールを回しながら、いい形で攻撃ができていたようにも思います。
「いい守備は粘り強く出来ていたと思いますし、セットプレーでやられてしまいましたが、この疲れている中で、守備の手応えは掴めたと思います。でも、どちらかというと、攻撃のところは、なかなかやらせてもらえなかったし、最後のところの球際、1対1の仕掛け、キープ力、展開を含めて、鹿島はスムーズですし、そういうところで慌てないし、しっかりとボールを運んで、最後のところまで侵入してきますけれども、我々は、その前で慌ててしまったり、ボールを失ってしまったり、もっと落ち着いてやれるところで、慌ててしまって、かえって難しくしてしまったというところがあるので、まだまだ、そこは差があるのかなと思います。もちろん、チームとして上げていかなければなりませんが、個人のところでも、もっとチャレンジする姿勢があってもよかったかなと思います。どちらかと言えば、攻撃のところは、積極的に行くというよりも、逃げている感じもありましたし、どうしても、相手の寄せとかに、少し及び腰になっていたのかなというのがありますね。それでも、守備のところは90分間、意図していた守備というのはやってくれたと思います。守備から攻撃に転じるところを、開幕までに上げていければと思っています。それでも、マイボールの時に、鹿島のちょっとしたプレスでボールを失うシーンもあったので、そこで自信を持って、しっかりと動かしていくというのも、もっと、もっと高められると思うので、そこはしっかりと詰めていきたいと思います」

Q:ポッピ選手をいろんなところで起用されていますが、もっも適正なポジションは、どこだろうとお考えでしょうか?
「ずっと練習もして、試合にもずっと使っているので、だいぶ疲れか溜まっているという印象はありますけど、サイドの方がスピードに乗った形、特長が生きるのかなと、いまのところは思っています。あとは、いろんな人たちと組み合わせる中で、彼の特長というものを、みんなも深めつつ、チームとしての連携を深めていければと思います。いずれにしても、前でも、サイドでも、両方出ると思っています」

Q:DAZNカップで3試合を戦いました。改めて振り返っていただいて、ここまでの手応えを聞かせてください。
「まだキャンプは続きますが、この3試合を通して、ゲームを90分間やれる体力というものを戻すことができましたし、いろんな組み合わせも試すことができたので、それは収穫だと思っています。これから3週間弱、チームとしての一番いいチョイスは何かということを考えながら、ここまでやってきた戦術的も、より高めて、開幕まで、いい準備をしていきたいと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR