Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
5
6
9
10
13
15
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【高円宮杯U-18プレミアリーグ参入戦・決勝戦 アビスパ福岡U-18-広島皆実高校】小倉監督(福岡)コメント


【中倉一志=取材・構成・写真】
高円宮杯U18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ参入戦 決勝戦
日時:2016年12月18日(金)13:30
会場:広島広域公園第一球技場/680人
結果:アビスパ福岡U-18 3-0 広島皆実高校
得点:[福岡]稗田(8分)、北島(58分)、崎村(84分)

◎小倉裕介監督(アビスパU-18):
Q:試合を振り返って
「最初は、少し飲まれた感じがあったので、どうなるのかなと思いましたが、多分、一番最初のチャンスだったと思いますけれども、ああいう形で点が入って、少し余裕ができたのかなと思いますね」

Q:最初のPKになったシーンでは、桑原選手が非常にいい上がりを見せてくれました。
「うちは、両サイドバックが積極的に前へ出ていって、どんどん、どんどんオーバーラップして、前に関わる回数を増やそうとやっていて、それがああいうチャンスになったと思いますし、それが結果に現れたシーンだったと思います」

Q:縦に入れられるシーンは多かったと思いますが、中盤の戻りがすごく早くて、挟み込む守備が非常に光っていたように思います。
「切り替えのところだとかは、シーズンを通してずっとやってきたことですし、ボールを入れられたとしても、そこで粘り強く対応するということも、ずっとやってきたことで、そういうことがあったので失点がなかったのではないかと思います」

Q:特にCBの2人が集中して90分間プレーしていました。決定機もほとんど与えていません。
「あそこの2枚は、縦に入って来るボールに対して本当に厳しくいけるし、人にも強くいけますが、そこが、このシーズンですごく成長した部分だと思いますし、今日も、入れられても粘り強く対応してくれたので、そういう面では頼もしかったですね」

Q:シーズン後半は成績も向上してきていましたが、どんなところがリンクして来たのでしょうか?
「どうですかね。Jユース杯でベスト8に勝ち上がって、その後のプリンスリーグでは、ちょっと負けたりしたので、不安要素は少しありましたし、その前のトレーニングマッチでも負けたりしていて、どうかなという部分もあったんですけれども、絶対にやってくれるだろうという感じはありました。ずっとやってきた粘り強さだとか、積極的にオーバーラップすることだとか、そういうものが、こういうところで出たので、結果につながったのではないかと思います」

Q:選手たちのプレミアに戻ろう、プレミアの舞台を後輩に残していこうという意気込みは感じられましたか?
「それはあったと思います。もちろん、3年生は、プレミアに昇格したと言っても、自分たちはプレミアでプレーできないわけですけれども、後輩のために、それを残してやりたいとは口にしていましたし、ここまで結果を残せていないので、最後は絶対に結果を残したいと言っていました。それを、今日、達成してくれたので良かったと思います」

Q:宮内選手は途中交代になりましたが、怪我だったのでしょうか?
「はい。本人からバツが出たので、それは仕方ないかなというところですね。試合中のコンタクトで負傷したという形です」

Q:下級生が得点に絡んだというのも、来年に向けて大きいと思います。下級生の出来については、いかがでしょうか?
「彼らは試合に絡むことも多いですし、結果も残してくれています。僕は学年でどうこうというのは、あまり評価の対象としていなくて、良ければ1年生でも、2年生でも使いますし、そういう中では、1年生ですけれども、2人とも頼もしい存在ですね」

Q:冨安選手のトップチームでの活躍というものも、選手たちには刺激になっているのでしょうか?
「今年の3年の代は、冨安がジュニアユースの時から中心でやってきて、憧れというか、彼に追い付きたいという気持ちは、みんなにあると思います。彼が活躍することによって、自分たちも頑張らなければいけないと思うし、冨安も、ユースが結果を残せば、自分も頑張らなくてはいけないと思うでしょうし、お互いに、いい関係で高めあえているのかなと思います」

Q:代表経験を持っている崎村選手も、この1年間で大きく伸びた選手の1人です。この段階だと、ワンランク上の落ち着きがあったように思います。
「まあ、そうですね。でも、ここからトップに上がるとなると、より厳しい道になると思いますし、壁にぶつかったりすることもあると思いますけれども、こういう経験を、いい方向にもっていってくれればと思います」

Q:来年からプレミアリーグです。意気込みを聞かせて下さい。
「もちろん、すごく楽しみです。アウェイに行ってゲームをしなければならないとか、移動の問題とか、そういうものが、必ず自分たちに降りかかってくると思いますけれども、九州のチームが本当に全国のチームと伍して戦おうとすれば、そういう問題も含めて戦えるようにならなければ、全国の舞台ではやっていけません。ですから、その場に立てるというのは、僕たちにとっては大きな魅力ですね。そこでしっかりと勝ち上がる、しっかりと結果を残すということを、自分たちに課して、しっかりとやっていきたいと思います」



関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR