Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
5
6
9
10
13
15
17
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【高円宮杯U-18プレミアリーグ参入戦第1回戦・JFAアカデミー福島-アビスパ福岡U-18】試合後の選手コメント



高円宮杯U18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ参入戦1回戦
日時:2016年12月16日(金)13:30
会場:呉市総合スポーツセンター陸上競技場/350人
結果:JFAアカデミー福島 1-3 アビスパ福岡U-18
得点:[福岡]宮内(5分)、[福島]延(44分)、[福岡]本田(55分)、稗田(64分)

161217_03.jpg

◎崎村祐丞選手(アビスパU-18):
Q:試合を振り返って
「前半、先に点を取ったんですけれども、ボールを持たれる時間が多かつたので、後半は、チームとして、しっかりと守備から入ろうと話していました。それがはまって、立て続けに点が取れたところが良かったと思います」

Q:前半の終了間際に点を取られて、精神的にがくっと来るようなことはありませんでしたか?
「自分たちの耐えている時間が長くて、我慢しよう、我慢しようと話していた中での失点だったので、チームとして落ちた部分もあったんですけれども、追加点を奪われずに、前半を同点で終えられたことが大きかったと思います」

Q:ハーフタイムは、みんなでどんな話をしていたのですか?
「やはり、ボールを持たれる時間が長いので、しっかりと守備のブロックを作って、そこから奪えた時は、しっかりと、全員でボールに向かってあげようと話していました。それでボールを奪えるシーンも増えて、自分たちの縦に速い攻撃ができたと思います」

Q:崎村選手自身は、外に流れて起点を作ることを意識していたのですか?
「監督からは背後を狙えと言われていて、ただ、真中は相手も強く、その代わりにサイドはスペースがあったので、そこでシンプルに流れて攻められたのは良かったですね。本当は流れて、もう一度中へ張りたかったということもありますし、ボールを低い位置で失う回数が多かったので、そこは次の試合に向けての課題かなと思います」

Q:次はプレミアに上がるための最後の試合になりますし、プロになる前の最後の試合になります。
「自分がここまで来れたのは、指導者の方を始め、チームメイトや後輩がいたからだと思っているので、感謝の気持ちを表すというか、恩返しという意味も含めて、自分が試合を決めて勝たせられるようにしたいです。プレミアで試合ができれば、個人として、もっと、もっと伸びると思いますし、プレミアは、すごくいい刺激がある舞台で、その場所で、いつも、いつも試合ができるということは、クラブユースであったり、Jユースで上に行くためには大事なことだと思っているので、そこへ何としても、後輩たちをつれて行きたいなと思っています」

Q:3年間の総決算の試合になりますね。
「この1年間、結果が出ない時もありましたけれど、最終的にはプレミア参入というのが目標だったので、自分たちが積み上げて来たものや、やってきたものをすべて出して、最後は笑って追われるようにしたいです」

161217_04.jpg

◎宮内真輝選手(アビスパU-18):
Q:試合を見ていて、選手のモチベーションの高さを感じました。
「やはり、この大会にかける想いは一番強くて、後輩にプレミア参入という結果を残してあげたいと思って、みんな頑張っています。いい状態で今日の試合に入れたと思います」

Q:そんな気持ちを表現するかのような先制点でした。
「いいボールが来たので、自分は決めるだけといしう感じでした。練習の時から、あそこを最初に狙うとチームで決めていたので、狙い通りの得点でした」

Q:そのあと、相手にボールを持たれる時間が長くて、中々苦しい展開でしたけれど、そのあたりはどうでしたか?
「試合の前から苦しい展開になるというのは予想していたんですけれども、そこで我慢するというのを、みんなで決めていました。どれだけ相手が回してきても我慢して、まずは無失点に抑えてからという感じだったので、そこはチーム一丸となってやれたんじゃないかと思います」

Q:前半終了間際に、ああいう形で追い付かれましたけれど、後半は気持ちを入れ直して臨めたように思います。
「負けている状況ではなかったので、それほど深刻ではなかったですし、もう1回、2点目、3点目を取りに行くぞということを再確認して、後半の最初から行こうと話をしていました」

Q:2点目が決まった時、まるで自分の得点のように喜んでいましたね。
「嬉しかったので(笑)。次の1点が勝負の分かれ目だと思っていたので、それがこっちに来たのが本当に嬉しくて、思わず一番先頭を走ってしまいました(笑)」

Q:そのあとも、労を惜しまない前線からの守備が非常に印象的でした。
「1点勝っている状況でしたけれど、前線も攻撃だけではなく守備もしないと危ないと思っていたし、自分はキャプテンという立場なので、前からプレーで引っ張ろうと思って、追い過ぎるくらい行こうと思っていました。途中交代してしまいましたが、出しきれたと自分では思います」

Q:次に勝てるかどうかで、大きく変わります。
「あと1勝することによって、来年どうなるのかが決まるし、本当に大きく左右される試合だと思うので、いい準備をしたいと思います。日曜日は福岡から全員来てくれるので、そこでまたモチベーションが上がりますし、本当にチーム一丸となって全員でやってやりたいと思っています」

Q:次は、このチームの集大成の試合にもなりますね。
「このチームは3年生は、中学校1年生の時から、ずっと一緒にやってきて、U-15のメンバーが全員が、初めてU-18に昇格した年代でもあるので、いろいろと思うところは一番ある仲間だと思っています。今年は思い通りの結果を出せなくて悔しい想いをしているので、ここで集大成として、後輩に置き土産を残していきたいという気持ちが一番強いですね」

161217_05.jpg

◎本田聖選手(アビスパU-18):
Q:試合を振り返って
「前半から、自分のプレーでボールを失う回数が多くて、ちょっと迷惑をかけた部分もあったので、後半の最初に得点を決められて良かったです。得点シーンはクロスが上がって来ると思ったので、上手く合わせようと思って1本目を打ったんですけれどもGKに弾かれて、でも、そのこぼれ球が、いい位置に転がってきたので、そのままぶちこみました。『よっしゃー』『来た―っ』て感じでした(笑)」

Q:我慢して、縦に速い展開からゴールを奪うという意味では、狙い通りのサッカーができたのではないですか?
「カウンターで点を取ることが多いので、そういう形は出せたと思います。また守備面では、相手はパス回しが上手かったのですが、後ろから声をかけてもらって、連動した守備ができたと思います。後ろがしっかりと声をかけてくれるので、前は言うことを聞いて動けば大丈夫でした」

Q:あと1試合です。次の試合に向けての意気込みを聞かせて下さい。
「次は、今日、来ていないメンバーもみんな来てくれるし、みんなの想いもすごく強いので、勝利したいと思います」

161217_06.jpg

◎稗田圭吾選手(アビスパU-18):
Q:試合を振り返って
「ボールは持たれていましたけれど、全然、やられてはいなかったので、前半は我慢して、後半スイッチを入れて点を取ろうという話をしていました」

Q:失点のダメージみたいなものは払しょくできていたのですか?
「それまでに何本もいいセーブをしてくれていたし、失点の責任を負わせる訳にはいかないので、点をとろうと思っていました」

Q:素晴らしい3点目でした。
「前を向いたら行こうと思っていたので、利き足とは違う逆足だったんですけれども、上手く入って良かったです。迷わず打ちました。結構、試合とか、練習とかで打っていても、なかなか入らなかったんですけれども、この舞台で決められて良かったです」

Q:先制点のCKも稗田選手からでしたね。
「練習の時から、ああいう形はやっていたので、本番でも、しっかりと合わせることができました。気持ち良かったです」

Q:みなさん仰っていますが、苦しい時間帯はありながらも、自分たちの狙い通りのサッカーができたという感じでしょうか?
「前半は我慢の時間が続いていたんですけれども、後半は、自分たちの方から、上手くゲームが運べたのではないかと思います」

Q:チームとしてメンタル的にもまとまった非常にいいゲームをしているように思いますが、その辺りは、どんなふうに感じていますか?
「練習から、この試合に向けてみんなでやってきたので、いい雰囲気で臨めていると思います」

Q:サポーターも熱心に応援してくれていますが、あの応援を聞いたら、やらなくてはいけないという気持ちにもなりますね。
「はい。力になっています」

Q:いよいよ、あとひとつです。
「勝って終わりたいと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR