Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
6
10
12
13
19
23
24
25
26
27
28
29
30
06

 

【無料記事】【記者会見 J1-2nd第13節・福岡-神戸】「優勝争いに残るために必要な勝点3が取れた」/ネルシ―ニョ監督(神戸)


【武丸善章=取材/中倉一志=構成・写真】
2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第13節
日時:2016年9月25日(日)14:03
会場:レベルファイブスタジアム/11,155人
結果:アビスパ福岡1-4ヴィッセル神戸
得点:[神戸]レアンドロ(33分)、ニウトン(48分)、岩波(51分)、渡邉(78分)、[福岡]坂田(90分+2)

◎ネルシ―ニョ監督(神戸);
Q:試合を振り返って
「今日は、ホームチームとの試合をするにあたり、当然、立ち上がりからのプレッシャーで押し込まれるというところも想定して入りました。選手たちは、特に前半は我慢の時間、しっかりとした守備が必要になる時間というものを強いられたのですが、チームとして失点をせずに落ち着いて対応できたと思います。そこから、カウンターで先制することができたというのが、前半の戦いでは大きかったと思います。後半は、当然、相手はビハインドですから前に出てくるでしょうから、我々は、プレーの判断をチームで共有して、カウンターが必要な時はカウンター、ボールを落ち着かせるべきところではポゼッションするということで後半に入りました。セットプレーから2点取れたことも、チームが落ち着いて試合を進めるポイントになったと思います。今日は、勝つしかない状況の中で、我々がタイトルを目指す位置に残るために必要な勝点3を取れたことは、良かったと思っています」

Q:今季、福岡との対戦が残っていないということでお聞きしますが、今日は、セットプレーから2得点取られましたが、予めアビスパのセットプレーの守備に問題があるとみて対策を練ってこられたのか、それとも他の要因があったのか、どちらでしょうか?
「基本的に1週間空いての試合という時は、練習を細かく分けてできますし、セットプレーに関しても、相手のセットプレーを映像で見て分析してから、実際にトレーニングに落とし込んで対策を練るというのは、福岡だけでなく、どんな相手でもやってきていることです。ただ、今回は、我々は(3日前に)天皇杯で120分プレーしていますので、そのメンバーたちは、当然ボールを使ったトレーニングする時間はありませんでした。体を休めて今日に至ったという状況です」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR