Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
5
6
9
10
13
15
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【記者会見 ルヴァンカップ準々決勝第2戦・福岡-FC東京】「一番良かったのは次に進めたこと」/篠田善之監督(F東京)


【中倉一志=取材・構成・写真】
2016JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦
日時:2016年9月4日(水)19:04
会場:;レベルファイブスタジアム/8,060人
結果:アビスパ福岡0-2FC東京
得点:[東京]田邉(30分)、高橋(75分)

◎篠田善之監督(FC東京);
Q:試合を振り返って
「一番良かったのは、次のステージに進めたことです。全員の力で勝ち取ったことは、非常に素晴らしかったと思います。ゲームの入りもしっかりとしたものでしたし、今日は、ゴールを奪いに行くことで攻守の出力を上げるということを、みんなにやってもらいました。先制点を取れたことが我々にとっては大きかったですし、そのあと、押し込まれるような形になりかけたので、思い切って5-4-1、選手たちには守る時は5で、攻める時は3-4-3の形を取れと伝え、それが上手くはまりましたし、2点目も、最近、点が取れていなかったセットプレーから取れて、非常に良かったと思います。この前のホームゲームでは、ゲームの締めくくり方ができていなかったので、そういう反省点を踏まえながら、選手たちは3日間、しっかりとやったし、選手と、スタッフと、サポーターの力を借りて、とにかく最大の目標であった次に進むことができたので、本当に良かったと思います。またリーグに向けて、みんなでしっかりと準備したいと思います」

Q:終わってみれば、アビスパにサッカーをさせず、良さを完全に消したゲームだったと思います。福岡のどういうところを一番注意して、どんな対策を練られたのでしょうか?
「一番注意しなければいけないのは、ショートカウンターだったり、ロングカウンターだったりで、ボールを運べる選手が前線には揃っているので、自分たちの失い方が悪いと、非常に脅威になると感じていました。ただ、ああやってスペースを消せば対応できるだろうし、福岡のディフェンスラインにしっかりと圧力をかけられれば、前への出力は出ないと踏んでいました。そうはいっても、リーグで2敗しているので、その借りを返すために、ここへやってきたので、ホームでは引き分けてしまったのですが、次のステージに我々が進んだということが一番良かったと思います」

Q:篠田監督になってから、選手個々の特長を生かすようなゲーム運びになっていると思います。今日は、誰に、どんなことを求めていたのでしょうか?
「インスには、攻守において、前線で一番に動いてほしいということでした。背後に出る動きは、ちょっとタイミングを合わせることができなかったのですが、運動量と、守備への貢献は、一番のポイントとして求めたところです。もうひとつは梶山の起用です。梶山が久しぶりにスタメンに出て、彼がゲームを作ることによってボールを握れたし、縦に入れるタイミング、ダイレクト、非常に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと思います。今日は、点を取りに行くために、とにかく梶山を使いたかったです。
(記者会見の終了を告げる広報を遮って)最後に一言だけいいでしょうか?アビスパのサポーターには本当にお世話になって、福岡の皆さんにも本当にお世話になりました。また対戦できるように、僕も頑張ります」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR