Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
6
10
12
13
19
26
29
30
06

 

【無料記事】【記者会見 天皇杯1回戦・福岡-鹿児島】「この差をどう埋めていくか。それが課題」/浅野哲也監督(鹿児島)


【武丸善章=取材/中倉一志=構成・写真】
第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 1回戦
日時:2016年8月28日(日)16:00
会場:レベルファイブスタジアム/1,731人
結果:アビスパ福岡7-2鹿児島ユナイテッドFC
得点:[鹿児島]藤本(9分)、[福岡]中原秀(12分)、田村(28分)、[鹿児島]藤本(45+1分)、[福岡]オウンゴール(60分)、邦本(75分)、金森(80分)、三島(87分)、末吉(90分)

Q:試合振り返って
「スコアの通り、完敗だと思います。天皇杯は結果がすべてなので、結果に関しては、まるっきりダメでしたけれども、ただ、我々の今日のゲームの位置づけとしては、福岡がどのようなメンバーで来ようが、J1の福岡というチームに対して、決して引くことなく、積極的にプレーしていこうということでしたから、選手たちはよくやってくれたと思います。後半、バランスを崩してバタバタと失点を重ねましたが、最後までもう1点取りに行く姿勢は評価したいと思います。格上の相手に対して勝つためにはいろいろな戦術なり、戦い方があるんですけども、我々はあくまでも(J3の)リーグ戦と同じような戦い方をアビスパに対してしようということで(試合に)臨みました。ただ、結果的に、こういう結果(2-7の敗戦)になったので、それは私の責任だと思いますし、選手たちには、下を向くのではなくてリーグ戦再開に向けて、もう1回、士気を高めてやっていこうと話をしました。今日の試合に関しては、やはり私の責任が大きいです」

Q:先ほどバランスを崩したとおっしゃいましたが、どの場面から崩れていってしまったのでしょうか?
「後半の相手の4点目、我々の4失点目の後に、メンバー交代も含めて前がかりになって、簡単にボールを奪われてカウンターでやられるという形になってしまいました。点を取りにいったということでバランスは崩れたんですけど、それは点を取りにいかなければならなかったので仕方がないと思います」

Q:前半は、2-2というスコアでしたが、前半の戦いはどのようにご覧になっていましたか?。
「試合の入り方は非常に良かったと思います。徐々にですが、福岡に押し込まれる展開になりましたけれど、よく追いついて後半を迎えられました。ただ、後半は質というか、細かいところですけれども、寄せが甘かったり、それから振り切られる場面もたくさんあって、逆に我々の攻撃に関しては、いつもそうなのですが、最後のディテールで相手に引っかかってカウンターを喰らう。そこは勝負をかけたので仕方がないと言えば語弊がありますけれど、点を取りにいった中で多少バランスを崩したということです」

Q:今日の試合の経験を、今後どのように活かしていきたいでしょうか?
「経験というか、やはりこれはJ1との差だなというところで、チーム全体もそうですし、個々のところも感じたところが、みんなあると思うので、引きずることなく、こういう差をどう埋めていくかというのが、我々の課題です。リーグ戦で、残り10試合を戦う中で、上のカテゴリーで戦えるだけの技術、戦術、チーム力というところを、今日、課題として突き付けられたので、そういったところを普段のトレーニングから、リーグ戦に向けてやっていくしかないと思っています」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR