Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
7
9
12
16
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【記者会見 J1-2nd第10節・福岡-磐田】2ndステージ初勝利。「全身全霊でやってくれた」/名波浩監督(磐田)


【武丸善章=取材/中倉一志=構成・写真】
2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第10節
日時:2016年8月24日(水)19:04
会場:レベルファイブスタジアム/10,059人
結果:アビスパ福岡2-3ジュビロ磐田
得点:[磐田]アダイウトン(9分)、[福岡]城後(16分)、為田(60分)、[磐田]アダイウトン(63分)、パパドプーロス(69分)

◎名波浩監督(磐田);
Q:試合を振り返って
「タイミング良く立ち上がりに点が取れて、非常に自分たちの時間を理解した中で、前の推進力と、ショートパスで相手を動かすという2つの作業を同時に進行できて、非常にいい入りをしたなと思います。ただ、ゲームがコントロールできるかなというところで、シーズン当初、そして2ndステージもそうですけれども、課題であったブラインドサイドのケアというのは、試合の前には選手に伝えたのですが、結果として、そこでやられてしまい、『名波さんが言っていたのに』という感じになつたような、下を向いた時間が出てしまったことは残念でした。ハーフタイムには、もう一度、その点について口酸っぱく伝え、(森下)俊と藤田(義明)のポジションを変え、球際に行きすぎないで、コースを限定して遅らせることを考えろと話し、それで守備はだいぶ落ち着いて、ゴールに直結する動きもケアできたのではないかと思いますが、その中で、逆転ゴールを決められて、非常に苦しい試合でした。そんな中で山本康裕を投入し、彼に伝えたことは、ボールの距離を変えること、タッチ数、テンポを上げることの2つだけでしたが、それを非常にシンプルに表現してくれて、それが同点ゴールにつながり、逆転ゴールにつながったのではないかと思っています。最後は総力戦になりましたけれども、全選手が、全身全霊を持ってやってくれたと思います。非常に選手に感謝しています」

Q:2か月振りの勝利でした。この間のひとつ、ひとつの試合を糧にして勝利を勝ち取ったことに関しては、どのようにお考えでしょうか?
「それは毎試合3ポイントが欲しいですけれども、相手のあることでもありますし、しぶとく勝点を取った試合もありますし、負けゲームの中でも、自分たちが学ぶべきところは多々ありましたから、この9試合は、自分たちにとって非常にいい経験だったと捉えたいなと思います。残留争いするなかで、私自身も、選手たちも、幹の部分では一切ぶれていないと思っているクラブなので、そういうチームが残留すべきだと個人的には思っていますし、そういうチームこそが周りに後押しされて、どんどん、どんどん、浮上のきっかけを掴み、いい流れになってくるんじゃないかと、ずっと自分に言い聞かせて来たので、変な自問自答もなくやれてきたと思っています。ミッドウィークの試合が我々1試合しかない中で3ポイント取ったことで、他の残留争いをしているクラブには、相当プレッシャーをかけられたと思うので、気持ち良く磐田に帰れると思います」

Q:今日は大井選手か初めてのスタメン落ちということで不安もあったかと思いますが、そういうなかで、守備陣に託した言葉のようなものはありますでしょうか?
「みんなが自分の力を誇示したいとか、チームのためにすべてを注ぎたいと思っていますし、クラブ愛を持った選手がたくさんいる中で、彼が置かれている立場というのは、非常に大きなものです。オンザピッチ、オフザピッチ、両方合わせて、立ち振る舞いは100点満点の選手でもあります。ここまでフルタイム、フル出場を続けてきた中では、本人も相当出たがっていて、軽傷なので連れてくるという考えもあったんですけれども、いまリアルに残留争いをしている中では、ここで出て2か月アウトになるよりは、ここは休んで次節のヴィッセル戦から出れるようになればいいと彼に伝えました。彼も、自分の気持ちを同僚選手たちに伝えたと思います。また、今回は19人目として連れて来た高木和道も、結局は元日本代表という立場の中でベンチ外で、これ以上ない悔しさだったと思いますが、それを微塵も感じさせずにボール拾いをしたり、みんなに濡れタオルを渡したり、本当に頭が下がる想いの中でやってくれました。地味ですし、見えないところですけれども、そういうところが3ポイントにつながったと思います」

Q:今日でクラブ通算350勝、また2ndステージ初勝利でもありました。喜びはどちらの方が大きいのでしょうか?
「勝ったことがすべてだと思います。内容も、我々の方が主導権を握っていたと自負していますし、ゴールに向かっていく姿勢、守る姿勢というのも、全員でやってくれていますし、それが良かったなと思います。ただ、僕にとってはアントラーズが目標で、彼らとは100勝の差が付いているので、何10年後かに追い付けるように、その土台作りをしたいなと思います」

Q:今日はパパドプーロス選手が、練習でも見せたことのないようなゴールを決めました。どのように評価されていますか?
「基本的に、クリアのヘディングは全く問題ないのですが、シュートのヘディングは見ての通り下手な部類で(笑)、でも、僕のアングルからは打った瞬間にコースに飛んで行くのが見えたので入ると思っていました。パパが取ったのも、チームにとっては大きいのではないかなと思います。彼も、このゴールで、さらに自信を付けてくれればなと思います」

Q:久しぶりにアダイウトンがゴールを取って、ジェイも献身的につなぎ役をしたりという内容でした。前線の2人の評価をお願いします。
「アダは強い想いがあったと思います。1stステージ最終戦から点が取れていなくて責任も非常に感じていたと思いますし、僕も脅しで(笑)、次は外すぞとか、15分で交代だと常に言っていました。いつも言っているように、監督室をノックする20年に1人のブラジル人なので(笑)、大切に扱っていますが、今日は躍動感もあって、声も出ていたので、それもゴールにつながった大きな要因だったのかなと思っています。ジェイに関しては、記者の方は覚えていると思いますが、昨シーズン、ここでやった0-2で負けたゲームで、まあ無気力で、帰った後に僕と口げんかするくらいな感じでしたが、それも彼は覚えていたと思います。それと、今回も前々泊して、前々泊全勝がまたつながって、クラブにも感謝しています」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR