Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
6
10
12
13
19
24
25
26
27
28
29
30
06

 

【無料記事】【記者会見 J1-2nd第8節・福岡-鹿島】なにもできずに完敗。「情けない試合。本当に申し訳ない」/井原正巳監督


【武丸善章=取材/中倉一志=構成・写真】
2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第8節
日時:2016年8月14日(日)19:04
会場:レベルファイブスタジアム/16,530人
結果:アビスパ福岡1-2鹿島アントラーズ
得点:[鹿島]赤﨑(27分)、鈴木(80分)、[福岡]駒野(90+5分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「まずは、この夏休みのナイトゲームの中、多くのサポーターが駆けつけてくれて、我々に大きな声援を送っていただいたのですが、情けない試合をしてしまって本当に申しわけない気持ちでいっぱいです。内容的なところも、1stステージのチャンピオンチームである鹿島に対し、我々は戦う姿勢というものを見せなければいけなかったところが、ゲームを通しても、なかなか我々の時間を作らせてくれなかったと思っています。率直にいえば、完敗だなと思っています。もっと気持ちのところを含めて、アグレッシブに鹿島相手に勝ちにいくという姿勢を見せられる、そういう試合の入り方を、私が準備期間で、しっかりとやっていればなと非常に反省しています。今日のゲームに関しては、やはり鹿島の方が一枚上手だったなと思っています。ただ、最後10人になりましたが、その中で1点を取り返し、もう1点取りに行くという姿勢を、チームのみんなが見せてくれたことは、必ず次につながると思いますし、残り9戦、まったく諦めていません。厳しい状況であることは変わりありませんが、最後の最後まで残留という目標に向かって、もう1度チームで一つになり、最後まで戦って、その可能性のある限り、チームをしっかりとオーガナイズしていきたいと思います」

Q:今日は、立ち上がりは城後選手をFWで起用して、後半からは元々のポジション(右サイドハーフ)に戻されましたが、それぞれの狙いを教えてください。
「前線のところの、ゴール前に入ってくるパワーであったり、高さを生かしたいというところと、今日は右サイドで金森を使いましたが、両サイドの勝負になるだろうなということで試合前は準備をしていたので、そこでいい形でサイドでのイニシアティブが取れれば、あるいはサイド攻撃ができれば、ゴール前のところで城後の高さであったり、ゴール前への入りのところを期待して、前半は城後を前で使いました。なかなかゲームの主導権を握れず、そういうチャンスを作れなかったところもあり、何度か惜しいシーンと言いますか、クロスの入ったシーンもあったのですが、決定的なシーンを作るまでには至らなかったなと思っています。後半は、元の形に戻して、(金森)健志に背後への飛び出しであったり、サカ(坂田)との組み合わせの中で、DFラインをかき回す形を期待してのポジションの変更ではありました」

Q:先ほど監督もおっしゃいましたが、戦う姿勢、アグレッシブさというのが、試合によって浮き沈みが激しいと感じるのですが、それは対戦相手によって起こることなのか、それとも、チームに何か課題があると言うことなのでしょうか?
「それがチーム力というところだと思います。もちろん、相手に対してリスペクト等が、逆に、そういう姿勢になってしまったり、それも含めて、私自身のゲームへの持って行き方が力が足りないことで、そういう入り方になってしまったと思っています。選手は、どの試合も一生懸命に、勝利のためにという気持ちで(試合に)入ってくれているのですが、そういったところが、実際のゲームの中身として足らなかったり、消極的、あるいは弱気になってしまったりというところは、残り9戦、修正していかないと残留はないと思っているので、すべてを出し切れるようにしていきたいと思います」

Q:失点シーンのところですが、1点目は相手の攻撃か素晴らしかったとはいえ、2点目は攻めに出た後の隙を突かれてのものですた。その辺りのリスク管理という点では、監督はどのように見ていらっしゃいますか?
「1点目も、ボールを奪われた瞬間のところからのポジション修正や、危機管理というところが遅れたり、本当に1本の縦パスからの失点ですし、2点目に関しても、ヒョヌンが上がっていた中での、そのスペース、ポジションを誰が埋めるのかというところが一瞬遅れたり、ファーストボールへのチャレンジのところと、カバーリングのところだと思いますので、そういう意味では、本当に一瞬の隙を突かれるということが続いていますし、それが力と言えば、それまでですが、選手の中での、そういう危機管理というものを、どれだけ高く意識できるかだけだと思っています。鹿島は、そういうところは自然と体が動いたり、ポジションを修正したり、細かなところも徹底しているのですが、そこも、先ほど言った通り、弱腰ではない、強気の守備というのが、できていなかったと思っています」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR