Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
6
10
12
13
19
26
28
29
30
06

 

【無料記事】【記者会見 J1-2nd第6節・福岡-仙台】先制も実らず。「勝点1をポジティブに進んでいきたい」/渡辺晋(仙台)


【中倉一志=取材・構成・写真】
2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第6節
日時:2016年7月30日(土)18:34
会場:レベルファイブスタジアム/10,097人
結果:アビスパ福岡1-1ベガルタ仙台
得点:[仙台]ウィルソン(36分)、[福岡]坂田(57分)

◎渡邉晋監督(仙台);
Q:試合を振り返って
「お疲れ様でした。遠い九州まで、大勢のサポーターに欠け付けていただきました。また、我々のキャンプ地である延岡からも、たくさんのサポーターが来てくれました。本当に心から感謝を申し上げます。
前半のゲームの進め方と、先制してという流れを見れば、アウェイで厳しい暑さの中で、難しい環境の中でしたけれども、確実に勝点3を取って帰りたかったというのが本音ではあります。ただ、後半の入りがすごく悪くて、そこから相手に少しおしこまれてしまって、中々、押し返すことができない後半の45分だったんですけれども、そういった福岡の圧力とか、猛攻とかというものを考えれば、暑い福岡で、アウェイで、しっかりと勝点1を取ったと、ポジティブに進んで行きたいと思います。いま、キャプテンの冨田も、そのような声かけを選手全員にしてくれましたから、これから8月、もっと、もっと厳しい戦いになるとは思いますけれども、そこに向かって進んで行きたいと思います」

Q:ウィルソンが3戦連続ゴールを取りましたが、今日は彼の個人技ではなくて、しっかりとパスで崩して奪った得点だったように思います。千税点の評価を聞かせて下さい。
「もっと前半、たくさんチャンスを作れるような局面はあったと思います。ただそこで、少し手数をかけたりだとか、あるいは、タイミングを逃してしまったりだとかというシーンが、散見されていたと思います。しかしながら、得点を取ったシーンに限って言えば、非常に多くの人数が連動していましたし、いかにして相手のボックスの中に入っていくかというようなトレーニングを、ずっと積んできているなかで、ラストパスの奥埜の前は、おそらく、(大岩)一貴だったと思うんですが、実際にSBがボックス内に入る、3人目、4人目が関わるというところは、素晴らしいゴールだったと思います。そういうものを、後半は、もっと、もっとやれるよという話はハーフタイムにもしましたし、実際、そういうような狙いの共有もできたと思うのてすが、残りの45分で、おそらく、ひとつも出せなかったので、それは悔しいですし、しっかりと反省して、次節以降につなげたいと思います」

Q:追い付かれた後の交代カードで、パブロ・ジウゴを切りましたが、彼に期待していたことと、評価をお願いします
「押し込まれている時間が続いていたので、一度、マイボールにしたいというところと、逆を言えば、福岡のリスクマネジメントの人数を見ると、前半よりも薄くなっていると言うように見えましたし、ハモンも収まりのところでしっくりこないところがありましたので、ジウゴが今週のトレーニングで、いい働きをしてくれていたので、そこを期待しました。実際、カウンターで彼が単独でボールを運んで推進力を見せてくれましたし、ウィルソンに素晴らしいラストパスも出してくれました。ああいうようなシーンは、我々が望んでいたような形でしたので、初出場にしては、チームの中での役割と、個人としての特長というものを、しっかりと表現してくれたと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR