Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
7
9
12
16
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【記者会見 J1-2nd第5節・福岡-鳥栖】屈辱の完敗。「本当に申し訳ないし、悔しい気持ちでいっぱい」/井原正巳


【中倉一志=取材・構成・写真】
2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第5節
日時:2016年7月23日(土)19:04
会場:レベルファイブスタジアム/19,370人
結果:アビスパ福岡2-3サガン鳥栖
得点:[福岡]オウンゴール(50分)、[鳥栖]鎌田(59分)、藤田(76分)、富山(87分)、[福岡]實藤(90+4分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日はバトルオブ九州、ダービーということで、多くのサポーターが駆けつけてくれて、入場者数が19000人を超した中で、そのサポーターに勝利をプレゼントできずに本当に申し訳ないですし、悔しい気持ちでいっぱいです。試合は、鳥栖のストロングというものを消しながら前半は入れたと思いますし、組織的な守備はできたと思います。攻撃のところのボリュームは少し足らなかったと思いますが、後半勝負になるだろうというところで、後半に良い形で先制点を奪うこともできました。ただ、そこからのゲームのコントロールに関しては、我々は、まだまだ力がなかったというふうに思っています。警戒していたクロスのところから2失点したというところは反省点だと思います。また、(相手の)2点目は、レフェリーの判定というところで、ファールだと判断して足を止めてしまったことで生まれたものですが、それは、ここ数試合でもあったことですし、確かに、映像を見ても完全にファールではあるんですけど、(ファールを)とってくれないということはプレイオンですし、その後のカバーのところというものを、しっかりとしていかなければならなかったと思います。トータル的にセカンドボールの反応、前に出ていくスピード等、後半は、鳥栖の方が上回っていたと認めざるを得ないと思います。そういうところを、これからもっともっと意識して、残り12試合で少しでも改善して行きたいと思っています。残留圏の15位のチームとは少し勝点差が離されましたけど、追いつけるように、1戦、1戦準備していきたいと思います」

Q:失点の場面で対応の遅れがあったとは思いますが、全体的に見ると開幕戦と比べると、差が縮まっているのかなと思います。監督はどのようにお感じになっていますか。
「戦い方、システム等も違いますし、メンバーも違うので、開幕戦とは簡単には比べられないと思います。ただ、我々のやろうとしていることというのは、ここまで十分にできていると思いますし、自分たちの時間帯もあったと思います。また、最後に1-3にされても2点目を奪いに行って、あきらめずに2点目を奪ったというのは、次につながると私は思っています。選手は90分間、勝利の為に走り、戦ってくれたと思います。そういうところは、開幕当初よりも、十分にチームの力は上がってきていると思います。

今日は力の差を認めざるを得ない部分もあったと思いますが、選手たちの戦い方という面で監督はどのようにご覧になっていましたか。1対1とか、球際で負けていたと思うのですが。
「そうですね。戦い方自体は、自分たちの狙い通りだと思います。前半は、ある程度ゆっくりした形でボールを持たせて、ほとんど決定的なシーンを作らせてないですし、後半は、少し前から(プレスに)行って相手に蹴らせるという中で戦っていました。ただ、蹴ってきたボールに対しての反応であったり、ファーストの跳ね返す力という点で、相手の方が前への推進力と、セカンドボールの反応が早かったために、蹴ったボールに対して押し込まれてしまう場面を作らせてしまいましたが、その辺の走力であったり、フィジカルの差等の部分で負けていたと思います。その辺が押し込まれる要因だと思います。ただ、我々も良い形で先制点を奪いましたし、攻撃のところ、も良い部分が出たシーンもあるのでそこは前向きに捉えたいと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR