Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
6
14
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

 

【無料記事】【記者会見 YNC第7節・福岡-新潟】2試合連続4失点。「申し訳なく感じている」/吉田達磨監督(新潟)


【中倉一志=取材・構成・写真】
2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 第7節
日時:2016年6月5日(日)14:00
会場:レベルファイブスタジアム/7,209人
結果:アビスパ福岡4-2アルビレックス新潟
得点:[新潟]山崎(6分)、[福岡]金森(16分)、平井(19分)、金森(37分)城後(68分)、[新潟]鈴木武蔵(82分)

◎吉田達磨監督(新潟);
Q:試合を振り返って
「まず2試合連続で4失点。今日もスタジアムに来ていただきましたけれども、応援していただいているファン、サポーターの皆さんには、本当に申し訳なく感じています。試合の経過で言えば、うちが先制して、この3カ月間、どうしても点が欲しかった山崎が点を取ったということで、本来は、もう少し、ゲームが落ち着いて進むはずだったんですけれども、すぐに失点をしてしまい、あの失点で、一瞬ではありましたが、僕も、若干、感情的になってしまって、そういったところが、選手にも多少は影響したのかなというふうに思っています。裏に走られたとか、カウンターでとか、そういったところへの対策や、対応というのは、これまでも何試合もやってきていることで、それが、今日ここで発揮できなかったということです。それとともに、攻め手の部分で、最後の崩しに入るというところで、単純ミスが散見されるということ。そういうことは、やはり、トレーニング不足というか、そこに立ち返るべきだと思うし、そういう意味では、自分自身のチームを作るというところ、選手を育てるというところ、そういったところに、いま、ふがいなさを感じています。
我々のナビスコカップは、今日をもって終わりました。切り替えることができるのなら、もう一度、選手たちと前に向かっていきたいと思います。次もすぐに大宮戦が来ます。そこに至る準備の中で、自分たちにとって大事なものというのを、しっかりと見つめ直そうと思いますし、選手たちはきっと、今日の試合で、いくばくかの自信を喪失したと思いますので、そういったものを取り戻せるようにトレーニングしたいと思います。彼らのこれからのシーズンのために、課題、これはこうだからというところを、しっかりと提示したいと思います」

Q:今日は新しい組み合わせのディフェンスらラインでした。その狙いを教えてください。
「まず、前節のリーグ戦で、左サイドのところで単純な戻り遅れたあったり、注意力の部分で大きな問題があって、失点したということがありました。しかも、少し前まで何試合かSBをやっていた前野が、本当に軽い体調不良なんですけれども、離脱しているという状況があります。そこで、新しいSBというのを作らなければいけない中で、今日は大野にトライさせました。SBでプレーすることは、彼がCBをする上でも生きるはずですし、そういった中で、左サイドは大野という形でいきました」

Q:今日は、あまりにも簡単に間で受けられてしまう、スルーパスを通されてしまう、というように、今までなかったような危険な現象だったと思います。その辺りはいかがでしょうか?
「本当にその通りで、失い方も良くありませんでした。一番最初に間を通されたのは、ダニルソン選手からダイレクトで通されたものだったと思いますが、あそこにボールが入っても、そこに人がいたり、寸断できていたというのが、この前までの我々でした。仙台戦では失点はしましたけれども、そこにはまったく問題がなかったんですけれども、今日はちぐはぐなところがありました。また、真ん中の守備というか、少し降りるボランチに対して、若干早く人を取りすぎて、その背中を見えやすくしていたように前半は思いました」

Q:失ったものは非常にたくさんあった今日の試合でしたが、山崎選手のゴールをはじめ、得て帰るものもあったのではないかと思います。
「ちょっとしたいいことというのは、試合をすればおこるものなので、今日で言えば、山のゴールもそうですし、武蔵のゴールもそうですし、マツケンのフル出場ということも、僕たちにとっては意味のあるものだと思います。けれども、そうしたいいものを削いでしまうくらいの失点シーンだったと思います」

Q:では、そこから、もう一度立て直そうというところでしょうか?
「そうですね。今日はナビスコですけれども、ナビスコの川崎戦、最初の方の神戸戦、そして、この前の仙台戦とありましたけれども、プレーをするか、しないのかという観点で言えば、今日が一番プレーができなかったですし、そのプレーをするために、もう一度組織のところ、その中にいる選手個々のところ、そういうところを解決しないといけないと思います」

Q:今日、鈴木武蔵選手が復帰しました。彼に期待するところを教えてください。
「彼に期待するのは、やはりゴールと、強度というか、走るということです。今日は彼の今シーズン初の試合になったんですけれども、本来なら、もう少し拮抗した状況の中で、裏にスペースがある状態でプレーさせるのがベストだったんですけれども、ああいった状況でしか使うことができませんでした。点差が開いたところでの彼の投入になってしまいましたが、トレーニングを見ていても状態はいいですし、今日は1対1のところで、ひとつ外してしまいましたけれども、試合を重ねて、落ち着きを取り戻して、ゴールネットを揺らせるようにしてほしいなと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR