Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
6
14
17
18
20
24
25
26
27
28
29
30
31
07

 

【無料記事】【記者会見 J1第14節・福岡-広島】「いかに修正するか、いかに切り替えるかが大事」/井原正巳監督(福岡)


【武丸善章=取材/中倉一志=構成・写真】
2016明治安田生命J1リーグ第14節
日時:2016年5月29日(日)14:04
会場:レベルファイブスタジアム/13,264人
結果:アビスパ福岡0-4サンフレッチェ広島
得点:[広島]ピーター ウタカ(18分)、宮吉拓実(31分)、柴崎晃誠(36分)、宮吉(54分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日は悪天候の中、本当に大勢のサポーターが駆けつけてくださって、その中でホームチームとして昨シーズンのチャンピオンである広島を迎えることになったのですが、結果は0-4ということになってしまいました。4点取られた試合は初めてですし、不甲斐ない結果になってしまい、本当に申し訳なく思います。ゲームの方は、立ち上がりから、今日はミラーシステムで、相手に合わせていったのですが、やはり、広島の前線の崩しの質、最後のアタッキングサードでの決定力も含めて、そういうところに簡単に失点してしまったことで、ゲームをこのような状況にしてしまったと思います。今日の布陣、システムを判断したのは私ですので、本当に自分の判断ミスだったのかなというふうに思っております。後半は、システムを変えて、選手たちも意地を見せようと攻撃にいく姿勢を十分に見せてくれたと思っています。長いシーズンですから、こういうゲームも必ずあると思いますし、その中で、次のゲームに向けていかに修正していくのか、いかに切り替えていくのかが、我々のチームにとっては本当に大事になってくると思います。次は、また中3日で名古屋との決戦を控えていますので、そこに向けてチームがもう一度一つになり、そして修正すべきところは修正して、しっかりとホームゲームで結果を出せるように準備をしていきたいと思います」

Q:布陣の判断は監督の責任だとおっしゃっていましたが、ミラーゲームを挑もうと思われた理由と、中村北斗選手を左サイドバックに置いた狙いを教えてください。
「広島は両ワイドの選手の質、また仕掛けが攻撃の特長でもあり、そういう中で、亀川がオリンピック代表から帰ってきましたが、ケガの状態もあるので、今日は、ミキッチのスピードに対して、(中村)北斗でしっかりと個の部分を抑えにいこうと思いました。また、広島とはキャンプでトレーニングマッチ等で試合をしていますので、まずは、しっかりとした守備から入ろうという意図があったのですが、広島の攻撃陣5枚に対して、両ワイドを含めた5対5の状況から、あまりにも人に、1対1のところに集中しすぎて、横に出されたときのポジションのカバーであったり、チャレンジ&カバーが遅れてしまったのかなと思います。それぞれ自分のマークは見ているのですが、4枚の時とは違って、まずは自分の当面の相手を見るという意識が強くなりすぎたのかなというところは反省です。そういうところを含めて、それが3バックで臨んだ狙いだったのですが、相手の特長を消すための布陣が、逆に、相手の攻撃のポイントになってしまったのかなというふうには思っています」

Q:今日の試合は邦本選手をボランチで起用されました。いろいろな選手がいる中で、邦本選手を起用した意図を教えてください
「もともと3バックの時のボランチで起用したこともありますし、時間を作れる、また、ボールを持って、効果的な配給もボランチの位置で、できるというところが彼を起用した狙いで、攻撃の質を高めたいという目的で今日はボランチで先発させました。守備のところは、末吉との関係でいろんなことはあったと思いますが、そこよりも、攻撃のところの我々のストロングを出してもらおうということでの起用です」

Q:ダニルソン選手が久々にリーグ戦に復帰しましたが、パフォーマンスの評価と状態はどのように感じられましたか。
「チームに合流してコンディションも上がってきたので、今日、メンバーに入れて、ゲーム状況に拘わらず、途中から投入しようとは考えていました。既に3点のビハインドの中での投入になりましたが、もともと、ゲームに入るということが一番の目的でしたし、それによって、彼の自信が、より深まるだろうということでの起用でした。全体的な運動量、あるいは、守備のところのパワフルさなど、もつと、これから上がっていくのではないかと思っています。それでも、ボールを持った時の落ち着きであったり、ボールを配る質というものは、さすがだなというところは随所にあったと思います。でも、もっともっと上げていってもらわないと困りますから、今日、半分出れたというのは、チームにとっても、彼にとっても、非常に大きいのかなとは思っています」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR