Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 YNC第6節・福岡-鳥栖】「サポーターの熱いパワーに感謝している」/井原正巳監督(福岡)

DSC_0461[1]
【中倉一志=取材・構成・写真】
2016Jリーグヤマザキナビスコカップ/Bグループ 第6節
日時:2016年5月25日(水)19:00
会場:レベルファイブスタジアム/14,465人
結果:アビスパ福岡1-1サガン鳥栖
得点:[鳥栖]豊田陽平(45分)、[福岡]平井将生(85分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日、平日のナイトゲームにも拘わらず、14000人を超えるファン、サポーターが駆けつけてくれて、我々にパワーを送ってくれたことに、本当に感謝しています。前半で1人少なくなった状況の中で、本当に我々を後押ししてくれて、選手たちも、その声援に応えて、10人になりながらも走り続けてくれました。サポーターの熱いパワーがなければ、後半、追いつくことはできなかったと思っています。本当に感謝しています。
試合は、今日は鳥栖相手のダービーということと、我々が決勝トーナメントに進むためには大事な1戦で、勝てば、それが大きく引き寄せられるということで、気持ちの入った入り方をしようと話していました。立ち上がりから、球際も厳しく行けていましたし、気持ちが入ったゲームができていたと思いますし、前節のリーグ戦の柏戦では、ふがいない入り方をしてしまったので、その反省点は生かせたかなと思います。不運なことに、1人少なくなってしまいましたが、後半は、1人少ない中でも、全員が1.1倍走って、攻守にハードワークすればカバーできると伝えて、選手たちはそれを信じて、最後まで逆転しようという気持ちでプレーしてくれたと思います。まずは選手を褒めてあげたいなと思います。そして、先ほども言いましたが、サポーターのパワーも大きかったと思います。結果的に勝つことはできませんでしたが、決勝トーナメント進出は、最終戦の結果次第では可能性が残っている状況ですから、リーグ戦を挟みますけれども、最後の新潟戦に向けて、いい準備をしたいと思っています」

Q:下坂選手が今日は先発しましたが、彼の評価を聞かせてください。
「途中交代で入ったゲームはありましたが、先発は今日が初めてでした。彼の前への推進力、あるいは突破する意欲というものは、練習の時から非常にいいと感じましたし、ゲームでも、そういうところを見たいということで、今日、初めて先発で起用しました。物おじしない性格でもありますし、堂々とプレーしてくれたと思います。最後は足をつってしまい交代しましたが、初先発としては十分な働きをしてくれたと思います」

Q:先日のリーグ戦と比べて、10人の選手を入れ替えましたが、今日のメンバーを選んだ理由を教えてください。
「ここからホーム4連戦ですけれども、前節のレイソル戦、その前のナビスコも含めて、ずっと連戦が続きますので、その中で、少し選手をローテーションしたいということと、コンディション的に少し痛みなどがある選手は、次の試合に向けて準備してもらうということも含めて、今日の先発を決定しました。ゲームが初めての選手は三島勇太だけで、それ以外の選手は、これまでにゲームに絡んでいましたし、誰が出ても、それほど差があるとは思っていませんし、我々の戦術というものは、去年から継続して積み上げてきているもので、それは十分に出せると思いましたので、今日のメンバーにしました」

Q:平井選手の同点ゴールは素晴らしいものでした。監督の感想を聞かせてください。
「平井も、本当に、トレーニングでは常に集中力を保ちながら、厳しさを持ってやってくれています。シュート練習も、毎日居残りでやっていますので、今日のようなゲームでの同点ゴールは、その成果が出たのかなと思っています。前節のリーグ戦の柏戦では、ポストに当てたシュート等もありましたが、今日、同点ゴールという結果を出してくれたのは、チームにとっても、彼にとっても、大きなことだったのではないかと思っています」

Q:冨安選手が退場してしまったのは、アグレッシブに戦った結果だと思いますが、彼が退場をしたことによる影響と、ハーフタイムの雰囲気などを教えてください。
「立ち上がりから、厳しく球際に行こうという中で、彼の若さもあったかもしれませんが、1枚もらった後ということを考えると、少し、2枚目をもらうのが早かったかなと思います。ただ、彼のアグレッシブな守備というのは効いていましたから、PKであればカードが2枚目というのはレフェリーも分かっていましたから、PKだけにしてくれればなというのもありました(笑)。ただ、サッカーですので、10人での戦いというのも、長い試合数の中では必ず経験しなければいけないことですから、そこはシステムを少し変えながら対応して、また、彼は若い選手ですから、トミの分までやってやろうという気持ちを、残されたメンバー全員が持ってやってくれたと思っています。その辺が後半のゲームにつながったのかなと思っています」

Q:邦本選手が後半から入りましたが、そのことによって、攻撃が非常に活性化したと思います。彼の評価を聞かせてください。
「今日は途中から行こうというプランは最初からありました。10人になったことで、最初は右サイドに入れたのですが、なかなかボールに触れる機会が少なく、サイドに引っ張られて低いところまで下がってしまうこともあり、そこからでは、彼のところからのいい攻撃というものにつながらないので、途中から城後とポジションを変えました。ボランチにしたことで、彼の特長というものは出せたのかなと思います。ボールを持った時の質は非常に高いものがありますし、前線へのフィードといいますか、彼がボールを持つと前線が動き出すという効果も生まれました。それは、練習の中で、邦本がそういう選手に成長してきたということですし、前線の動き出しが早くなるのは、ほかの選手が、彼を認めているのかなということを、今日の試合では、すごく感じたところでもあります」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR