Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
5
12
14
16
21
22
25
27
28
29
30
09

 

J1第9節 vs F東京 井原監督コメント


【中倉一志=取材・構成・写真】
2016Jリーグ ディビジョン1第9節
日時:2016年4月29日 17:04キックオフ
会場:味の素スタジアム/23,625人
結果:FC東京0-1アビスパ福岡
得点:[福岡]ウェリントン(61分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日も、多くのアビスパのサポーターが味スタに駆けつけてくれました。その中で、今シーズン、Jリーグ初勝利を挙げることができて、サポーターに本当にいいプレゼントができたと思います。また、福岡で応援してくれているサポーターにとっても、本当に待ち望んでいた勝点3だと思うので、結果が出て良かったと思います。そして、地震で被災されて苦しんでいる方たちのためにも、九州代表として勇気が与えられるようなゲームをしようと試合に入りましたが、今日、そういうゲームができたことを、大変喜ばしく思っています。
FC東京は非常に力のあるチームですし、ACLにも出場しているチームですが、我々は、今日は4バックに変えて、しっかりとハードワークするというベースはそのままに、攻撃のところに人数をかけられるシステムで臨みました。そういう中で、選手の『どこと対戦しようが勝ちに行く』という気持ちを持ったプレーというものが、90分間、随所に出ていたと思います。最後はPKを奪われはしましたけれども、そういう気持ちが、最終的に勝利を得られた、無失点で終えられた要因だったのではないかと思います。まだまだ修正しなければいけないところはたくさんあると思いますが、今日の勝点3というのは、チームにとっては大きな白星だと思います。これからも一歩、一歩、進んでいきたいと思いますし、GWは過密日程の試合が続きますので、しっかりと準備をして、次につなげたいと思います」

Q:今日の試合に臨むに当たって、一番強調した部分というのは、どういうところだったのでしょうか?
「これまで続けてきていることを、しっかりと出すということ、システムは変わっても、やることは同じで、球際のところであったり、切り替えのところであったり、そういう守備の部分のベースというものを、90分間を通してやるということ、そして、特に強調したのは、相手に隙を見せないということでした。これまでの試合では、せっかくいい守備をしていても、一瞬のところで隙を突かれて失点し、惜しいゲームを落としてきていることがあるので、90分間に渡って隙を与えないということを、一番のポイントとして挙げて試合に臨みました。また、攻撃のところでは、とにかくシンプルにボールを前線に入れながら、セカンドボールを拾って、相手を押し込んだ状態で我々のストロングポイントを生かしていこうというところでした」

Q:監督にとってもJ1での初勝利になりますが、改めて個人的に思うところがあれば、教えて下さい。
「なかなか勝てない中でも、多くのサポーターの方が我々を後押ししてくれましたし、そういうサポーターの方の気持ちが、今日のゲームの勝点3につながったのかなと思っています。ほっとはしていますけれども、我々はこれを通過点として、このゲームの結果に満足することなく、次のゲームにつなげていきたいと思っています。まだまだリーグ戦は長いですし、チームの状況もまだまだですから、これから、もっと良くしていきたいと思います」

Q:前半は攻撃のモビリティがあまり感じられませんでしたが、後半は非常に良い感じで入ったように思います。何か、選手に指示を出されたのでしょうか?
「今日は風が強く、前半は風下での戦いでしたので、非常に相手の圧力もあり、こちらがボールを運べない状況がありました。後半は、こちらが風上だったということ、そして、相手のディフェンスラインを下げさせるために、ボールの配球を少し変えたことで、ただウェリントンの頭に合わせるのではなく、背後のスペースをしっかりと使うという流れが、上手くできたのかなと思っています。もちろん、後半になると相手のプレスも甘くなってくるので、スペースがあってボールを回せるところは、きちんとつないでいこうという狙いも、上手くはまったと思います」

Q:PKの判定が下された時は、正直、どんな気持ちでしたか?
「レフェリングのところを言うのは好きではないのですが、あの場面では、レフェリーは笛を吹いてプレーを止められていました。そのまま止まるのか、どうなのかという曖昧な流れの中で止まってしまったのは我々の甘さだとは思いますし、そういう中でプレーを始められてしまって、一瞬、動きが止まってしまったのは反省点だと思います。ただ、これもサッカーだと思います。今日の試合では、選手たちの気持ちというものがゲームの中で随所に出ていましたから、90分間、最後まで信じてやれば、何か起こるのではないかなというのもありました。そういう気持ちがあったから、最後のPKをポストが防いでくれたのかなと思っています」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR