Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
8
9
10
11
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

第4節 VS磐田 選手コメント(石津大介)

試合 2014Jリーグ ディビジョン2 第4節 ジュビロ磐田vs.アビスパ福岡
日時 2014年3月22日(土)19:03キックオフ
会場 山はスタジアム
結果 磐田3-3(前2-1、後1-2)福岡
得点 [磐田]山崎(5分)、前田(19分)、[福岡]イ グァンソ(30分)、石津(65分)、[磐田]阿部(77分)、[福岡]武田(82分)

Q:試合を振り返って
「選手が我慢強く戦った結果、引き分けに持ち込めたという試合だったと思うんですけれども、もったいない試合でした。後半のイケイケの状態の時に、自分だったり、金森だったり、(平井)将生さんだったり、もう1点、その3人のうちの誰かが決めていれば、また違った展開になったと思います。自分自身も、将生さんからすごくいいボールが来たのに外してしまって悔いが残っています。本当に、めちゃめちゃモヤモヤしています。あと1点か、2点は取れていたと思うし、力みすぎたというのがあります」

Q:同点ゴールのシーンは、ボールを受けた時点でイメージができていたように見えました。
「そうですね。相手がパス方向から来たので、逆を取れば絶対についてこれないと思いましたし、そのイメージ通りにファーストタッチができたので、後は思い切って振り抜くだけでした。ボールが入ってくれました」

Q:展開的にも自分が点を取って、チームに勢いをつけて勝ち越そうというところをイメージされていたのでしょうか?
「はい。相手の間でボールを受けて、そこからドリブルだったり、パスだったりで仕掛けようというイメージでした。相手は間延びしていたのでプレーしやすかったので、だからこそ、ゴールという結果を出さなければいけなかったと思うので悔しいですね」

Q:よく追い付いたというよりも、勝ちそこなったというイメージですか?
「そうですね。自分とか前目の選手はそう思っています。アウェイの勝点1は最低限の結果だと思うんですけれども、すごく悔しいし、自分は特にモヤモヤしています」

Q:前節とは先発メンバーも代わり、そういう気持ちがプレーに表れていたようにも思います。
「悔しさを上手くピッチで表現できたのは、ひとつの収穫かなとは思いますけれど、点を取った後のプレーが少し雑になったというか、行き過ぎていたところがあったので、そこでのメンタルのバランスを鍛えていかないといけないなと思います」

Q:それでも、チームとしてはプレッシャーをかけ続けるということが京都戦では90分できましたし、今日も最初の20分を除けば、最後までやり通すことができました。手応えもあったのではないですか?
「自分たちが連動した守備ができている時間帯は、自分たちのリズムになっていると思いますが、スタートから、みんながそのスイッチを入れて入らなければいけないし、それかできなかったから、ああいう形で2失点したと思うので、試合前の準備や、メンタル的な準備をしっかりしていかないといけないと思います」

【中倉一志=取材・構成】
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR