Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
8
9
10
11
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

中国杭州緑城サッカークラブ有限公司との業務提携のお知らせ

アビスパ福岡は19日、中国杭州緑城サッカークラブ有限公司とアカデミー育成、およびそのシステムの構築に関して業務提携いたと発表した。詳細は以下の通り。契約機は約6000 万円の見込み。

■業務提携クラブ   杭州绿城足球俱乐部有限公司
    ※杭州绿城足球俱乐部は中華人民共和国の東部、浙江省杭州市を本拠地とし、中国サッカー・スーパーリーグに所属するサッカークラブ。1998年に設立。
■業務提携期間   2014年3月1日から2016年2月28日(2年間)
■業務提携内容   アカデミーコーチ4名を杭州绿城足球俱乐部に派遣し、アビスパ福岡が蓄積したアカデミーノウハウを活かして、アカデミーチーム(U-17・U-15)を指導し、アカデミー育成システムを体系化することを目的とします。また、杭州绿城足球俱乐部のアカデミーコーチの指導やアカデミーチームの相互交流に努めます。
■派遣コーチ名   (U-17)山本 富士雄(1975年4月11日生) 前桐蔭学園高等学校サッカー部監督
    (U-17)八田 康介(1982年3月17日生) 前アビスパ福岡U-14コーチ
    (U-15)賀谷 英司(1969年2月8日生) 前鹿島アントラーズU-15監督
    (U-15)土橋 功(1975年4月11日生)※予定 甲府市立城南中学校サッカー部顧問
■参考   杭州绿城足球俱乐部公式ホームページ http://www.greentownfc.com/
    中国スーパーリーグ http://csl.sina.com.cn/

■代表取締役 野見山 篤 コメント
「アジアプロジェクトの一環として、今回杭州緑城と契約できたことは非常にうれしく思います。この契約は経営の安定およびクラブ強化につながり、再生アビスパにとっては、良いスタートを切れたと思います。この契約を機に、杭州緑城との関係を深め、アカデミー強化や指導者の育成につなげ、相互のクラブ力を高めていければと思います。地域に根ざしたクラブとして、アジアの玄関口である福岡市と連携していきます」 

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR