Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
5
12
14
16
21
22
25
27
28
29
30
09

 

強いインパクトを残す(金森健志)


【中倉一志=取材・構成・写真】
2016Jリーグ・スカパー!ニューイヤーカップ
日時:2016年1月31日(日)14:03
会場:KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場/4,285人
結果:鹿島アントラーズ2-0アビスパ福岡
得点:[鹿島]増田(4分)、昌子(68分)

Q:キャンプ初日です。鹿島との対戦を終えての率直な感想を聞かせてください。
「もったいない失点で負けてしまいました。そういうものを無くしていけば0-0で終われたところを、結果として負けてしまったので悔しいです」

Q:ご自身のプレーについてはいかがですか?
「思うようなプレーはあまり出来ませんでしたが、キャンプ初日なので、これから課題をしっかりと克服できるようにしたいと思います」

Q:J1のチームとの対戦でしたけれど、何を感じ、どのようにやっていかないといけないと感じていらっしゃいますか?
「今日みたいな、しっかりとブロックしてカウンターを狙うという戦い方は、これからも続いていくと思いますし、なかなかボールが入ってこない場面も多く、守備に追われる時間も多いと思いますけれども、しっかりと我慢して、ひとつのチャンスをものに出来るようにしていきたいと思います。今日はシュートも全体で3本くらいしか打てていませんが、ひとつ、ひとつのチャンスを大事にというか、ものにしていかないと勝てないと思うので、今日みたいなもったいない失点を無くしていくことと、前の選手は点を取ることをやっていければいいかなと思っています。J1との差ということでいえば、そこまで大きな差を感じることはなかったですし、自分たちを高めていければいいと思っているので気にしていません。中1日で試合が続いていくので、今日出来なかったことも含めて、開幕までに、1日、1日、良くしていければいいかなと思っています」

Q:守備は、ある程度、狙いとする形は出来たと思いますが、攻撃に転じることが出来なかったという課題もありました。その辺りは、どのようなことが必要だと考えていますか?
「ひとり、ひとりが、ボールを引き出して、パスを出したら動くという当たり前のことが最初は出来ていませんでした。それをハーフタイムで監督から言われて、後半は前半よりは自分たちのリズムでやれたという感じはあったので、それを最初からやっていけたらなと思っています」

Q:去年もキャンプ最初の試合は鹿島とのスカパーカップで、結果も0-2の敗戦でしたが、その時と比べて、違いのようなものは感じましたか?
「前回は何も出来なかった感じがあって、チームとしてのコンビネーションもそうですし、やることが、あまりはっきりしていませんでしたが、今年は、ある程度、やることがはっきりしていますし、前回やった時よりもコンビネーションは増やしていけたかなと思っています。けれども、まだまだ全然ですね」

Q:昨日の五輪最終予選決勝戦は見ていたのですか?
「いえ、時間が遅かったので、今日の試合に備えていました。あとでハイライトを見ようかなと思っています。結果は知っちゃいました(笑)。本当は何も情報を入れずに見ようと思っていたんですけれども、普通にみんなから『良かったな』と言われて。自分にとっても五輪出場の可能性がつながったので、しっかりとアピールしたいと思っています」

Q:五輪予選を戦ったメンバーは、精神的にも強くなったと思いますが、本大会に出るには、その選手たちに勝たないといけません。
「そうですね。本当に厳しい競争になると思います。監督は、最終予選を戦ったメンバーの中から優先的に選考すると思うので、本当に厳しいと思いますけれども、しっかりと強いインパクトを残したいですね。普通に活躍するだけでは駄目だと思うので、しっかりとアピールして強いインパクトを残したいと思っています」

Q:このキャンプでの個人としてのテーマというと、どんなところになるのでしょうか?
「どの試合でも勝つことと、個人としては毎試合、毎試合、点を取ることです。しっかりと今日から、自分が中心になつて点を取ったり、点に絡むプレーをしていかなければいけませんし、開幕までに仲間とのコンビネーションも含めて、いい形でやっていけるように準備したいと思います」

Q:今日、応援に駆けつけたサポーターに、一言いただけますか?
「わざわざキャンプまで足を運んでいただいたことに対して、感謝の気持ちを伝えたいと思います。自分たちは、開幕に向けて、いい準備をしていきます」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR