Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
5
11
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

 

次にどれだけやれるかが大事(城後寿)

140315_06.jpg
【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の共同囲み取材
日時 2014年3月14日(金)
場所 雁の巣球技場

Q:京都戦は内容のある試合でした。
「ただ、京都はあまり良くなかったですし、今までとは全然違うサッカーで、思ったほど怖さもなかったので、次の試合をやってみないと分からない部分があります。ですから、次の試合で、自分たちがどれくらいやれるのかということが大事だと思うので、京都戦のことは気にせず、忘れるくらいの気持ちでやった方がいいと思っています」

Q:試合後に「意思統一してやれば戦えることを感じた試合」と話していましたが、そう言った意味では、チームをどのように見ていますか?
「熊本戦が終わってから1週間、選手で話し合いをしていましたし、ピッチの上でも、どういうことがやりたいのか、そういうコミュニケーションも取れていたので、チームがひとつになって、みんなで同じ方向を向いてプレーすることができました。それが結果につながったのが良かったと思いますし、次の試合にも、いいイメージを持って臨めると思います。ただ、まだ2試合しか終わっていません。次はまたホームで戦うことが出来るので、しっかりと勝って、その次のジュビロ戦に備えたいと思います」

Q:ゴン選手がアンカーの位置に入って、守備が非常に安定したと思いますが、その辺はいかがですか?
「そうですね。ゴンが入ることで守備のところがすごく安定していましたし、秀人がバランスを見てくれるので、自分はバランスを見ずに、後ろのことを気にせずに前でプレーすることができました。自分が前でプレーすることで、むしろチームの攻守のバランスが良くなったと思いますし、思い切って、チームとしてのパワーを前に持っていけるので、それも良かった点でした。前半は、中々いいボールが入って来なくてシュートまで持ちこめなかったんですけれども、それでも、石津と自分の関係で、あと少しのところまでやれていたし、後半は、シュートを外してしまいましたけれど、1対1の場面を作ることもできました。ああいう形ができれば相手は嫌だろうし、自分たちも、もっといい攻撃ができると思います。今週も、みんなと十分に話し合いながら準備ができたので、いい結果が出せればと思います」

Q:愛媛には、どんな印象を持っていますか?
「特別なイメージはありません。(西田)剛がいて、ミンジェがいて。おそらく剛が一番怖い選手だと思いますし、剛は去年までアビスパに在籍していて、戦力外という形でチームを去って行ったので、あいつが一番燃えていると思います。そういう意味も含めて、そこを一番ケアしないといけません。また、京都よりもレベルが下のチームと考えるのではなく、自分たちと同等、あるいは自分たち以上のチームだと考えて、チャレンジャー精神を持って、試合開始から臨みたいと思います」

Q:まだ2試合ですが、少しずつ良くなっている手応えは感じていらっしゃいますか?
「良くなっていると思いますし、良くならなければJ1は目指せないと思います。これからもっと良くなっていくと思うし、良くなっていかなければいけません。試合の局面や、1試合、1試合をしっかり修正しながら、次のプレー、次の試合に活かしていければ、きっとチームは良くなると思います。うちのチームは、そういう可能性を秘めていると思うので、みんながバラバラにならずに、チーム、クラブ、会社が、同じ方向を向いてやっていければいいのかなと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR