Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
5
11
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

 

いい準備が出来た1週間(中原秀人)

140311_01.jpg
【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の個別取材
日時 2014年3月10日(月)
場所 雁の巣球技場

◎8 MF 中原秀人選手;
Q:京都戦は素晴らしいゲームでした。
「まずひとつは、全員が戦っていたということ。そして、選手の距離感が攻守に渡って良かったと感じています」

Q:しかも、90分間を通して自分たちのサッカーを表現した試合でもありました
「相手の戦い方という部分もありますが、それ以前に、自分たちがどう戦うかというところがハッキリとしていました。去年は、後半に少し疲れてくると間延びするというのがありましたが、(去年)アンカーに位置でプレーしていた自分は、前の選手にこうしてほしいというのが自分の中であったので、どうすれば間延びしないのか、セカンドボールを拾えるのか、あるいは分厚い攻撃ができるのかということは、試合前、そして試合をやりながら常に考えていました。昨日の試合では(第2節京都戦)、ゴンがアンカーに入って、自分が少し前のポジションで、自分がすべてをやれたわけではありませんが、ゴンと2人で中盤をしっかりとコントロールできていたからだと思います。また、得点シーンや、そのひとつ前のPKを取ったシーンは、去年はなかった形でした。90分通して、あれだけいいゲームができたのは初めてと言っていいくらいで、本当に良かったと思います」

Q:熊本戦の後、チームは少し難しい状態のように見えました。1週間で変われたのには、どんな理由があったのでしょうか?
「試合前には、僕も、あれだけいいゲームができるという自信はなかったですけれども、攻撃と守備において、こういう時は、こういうポジショニングを取る、こういう時はこうするというように、いつもよりも、より細かいところを話していたから、試合で慌てることなくやれたというのが一番の要因ですね。練習の中で、局面を、より細かく、しっかりと話したことで、あのようにいいプレー、いい試合が出来たんだと思います。みんなやることがハッキリしていたと思いますし、頭の中が整理できていたので、自分のやることを理解できていない選手はいなかったと思います。そういう意味で、すごくいい準備が出来た1週間でした」

Q:これからシーズンを戦っていく上で、大きな手応えがつかめたのではないでしょうか?
「すごく手応えはありましたけれど、捉え方を変えれば、対戦相手が京都だったから、ああいうゲームができたというのもあると思います。また次は相手も変わりますし、また熊本みたいな戦い方になったらいけないと思います。ただ、昨日の試合で悪かったところを先週のように選手でしっかりと話していけば、いいゲームが出来るという自信はあるので、しっかりとコミュニケーションを取っていきたいと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR